アンティーク検定・秋の対策講座について その3

**続き**
 

目黒学園カルチャースクール
 

 第3回アンティーク検定に向けて、目黒学園カルチャースクールで、夜のコースを開講することになりました。
 

 平日昼間にお仕事をされている方でも、全4回の、このコースを受講することで、合格を目指します。
 

 10月と11月に2回ずつ、計4回の講座。月曜日ですので、週はじめなら仕事もなんとか早目に切り上げ、かつ、夜の予定なども入りにくい、などで受講しやすいのではないでしょうか。
 18時半には間に合わない?大丈夫、遅刻も可です!
 

megurogakuen


アンティーク検定・秋の対策講座について その2

**続き**
 

 平日昼間に開講される講座で、アンスティチュ・フランセ東京という学校があります。
 

 ここは、東京では永いこと「日仏」と呼ばれて親しまれてきた、旧東京日仏学院。2012年に、フランス大使館・文化部と統合し、アンスティチュ・フランセ東京という名前に名称変更されました。
 それでもみなさん「日仏」と呼んでいます・・・名称変更はなかなか行き渡るのには時間がかかりますね。
 それに、アンスティチュは、英語でいうInstituteなのですが、フランス語式発音に、日本は慣れていませんから、ちょっと難しいのでしょう。
 

 この学校は、フランス政府公認機関、フランス語・フランス文化を普及する目的を持っています。
 アトリエ「Art de vivre で学ぶ、フランス・アンティークの世界と鑑定」は、2014年4月より、当検定試験の対策講座としてスタートしました。受講生の中で、パリ・ビエンナーレ海外研修に参加された方も何人かいらっしゃいます。
 他のカルチャーセンター、カルチャースクールとの違いは、フランスに特化したアンティークの授業をしていること。
 

programme_2015au
 
 フランス語の知識はなくても受講できますが、フランス語によるビデオを見たり、フランス語でどういう表現をするか、といったことも学び、そのため、2期(=20時間)以上受講すれば、アンティーク・コレクター2級以上の検定試験における、外国語(フランス語)の試験が免除合格になります。
 そもそも当検定試験の外国語は、語学の能力を問うものではありません。アンティークの品に触れるにあたって、例えばカタログで記載されている言葉は、アンティーク界ではどういう意味なのか、そんなことがわかっていればよいのです。
 

 アンスティチュ・フランセ東京は、飯田橋駅から徒歩7分ほど、市ヶ谷駅からも歩けます。
 やや上り坂に位置していますが、中はフランス村。
 レストラン「ラ・ブラスリー」やカフェ、フランス語の書店、図書館メディアテークや、映画上映のためのホールもあり、建築物もユニークです。
 

 アンティークの講座は木曜日の14:30~16:30に開かれています。
 秋学期の申し込みは、10/15(木)ですが、夏学期は早々に満席となりましたので、お早めにお申込みください。
 

 なお、このアンスティチュ・フランセ東京にて、10/3(土)~10/4(日)の2日間、「フランス蚤の市」が開催されます。
 入場無料、パリのクリニャンクールやヴァンヴの蚤の市の光景が、学院内に広げられます!
 

flyerJDG1
 


アンティーク検定・秋の対策講座について

 秋ですね。欧米の学校は9月スタートのところが多く、新しいことを始める季節でもあります。
 そして、文化の秋。暑い夏は、とにかくだらだらやり過ごしてしまったけれど、美術鑑賞などしてみようか、という気になる季節ですね。

 
 「アンティーク検定」第3回は、12/6(日)に実施されますが、検定に向けて、ちょっと勉強してみようかな、という方にお勧めの対策講座について、学校の特色などを踏まえながらご説明したいと思います。

 
~よみうりカルチャー~

 
 現在、恵比寿センター、町屋センター、浦和センターの3校にて、アンティークの講座を開講しています。

 
 恵比寿センターは、恵比寿駅ビルでもある、アトレ内7F、これ以上便利な場所はありません。(アトレ内には、書店、スターバックス、郵便局…なんでも揃っていて、こちらも便利!)
 講座は第1・第3金曜日の午後1時~2時半です。
 毎回、アンティークのテーマを絞って(「ボーンチャイナの器」とか「セーブルとリモージュ」など)、紐解いていきます。
 

ebisu
  
 町屋センターは、荒川区文化センターとの共催のカルチャーセンターです。
区の施設でもあるため、こちらのセンターのみ、受講料がお安く設定されています。場所も町屋駅の目の前にある建物で便利、ただ、建物は、若干昭和の雰囲気が残っています!?
 講座は、第1火曜日の朝10時半~12時です。
 こちらの講座は、講義、アンティークフェア見学、アトリエの3本柱で、アンティークの世界を広く浅く、俯瞰していきます。
 

 
 浦和センターは、浦和駅から少し歩きますが、最もお洒落な空間である、浦和ロイヤルパインズホテル内に入っています。
 このセンターでの講座は、この「アンティーク検定」に特化した対策講座で、日曜日3回だけで、一発合格を目指します!
 なかなか平日には時間が取れない、普段からゆっくり勉強できる時間も取れない、という方に、おすすめです。
 前回の浦和センターで対策講座を受講した生徒さんは、全員「第2回アンティーク検定」に合格いたしました。実績100%です。
 

urawa-center
 
 
 よみうりカルチャーの秋の各講座、申し込み等は「対策講座・イベント・セミナーのお知らせ」をご覧ください。

 
**続く**