海外研修」カテゴリーアーカイブ

2019年春・海外研修最終日

研修5日目、最終日です。今日はシャトゥ蚤の市の散策でスタート。昨年は雪が降ったこの市ですが、今年はやや曇りがかってはいるものの、十分外歩きが楽しめる気候です。

1週間前のパリは荒れに荒れたジレ・ジョンヌの過激デモ、収束しないこの運動で今日は厳戒態勢が敷かれ、シャンゼリゼなどは軍隊が出ていて通行禁止、私たちのリムジンカーはオペラ界隈からうまく通行止め道路を迂回してパリを脱出、予定通り30分後にシャトゥ骨董市へ到着しました。

なぜここに年に2回骨董市が開かれるようになったのか?実は中世からの歴史があったのです。そんなレクチャーを簡単にした後は、自由散策。みなさんそれぞれのお買い物を楽しんだ後は、すぐ向かい側の中州へ移動します。

19世紀後半に粋な遊び場所として流行したシャトゥの中洲は印象派の画家たちがしょっちゅう遊びに来て写生をしていたことから「印象派の島」と名付けられていますが、20世紀前半には一旦クローズし、やがて廃墟化したこのレストランをシャトゥ市が買い取り改修をしてあらたに過去の様相を取り戻したのは1990年代のこと。

ランチを兼ねてのディプロマ授与と講評を、この由緒あるメゾン・フルネーズで行った後、せっかくなので併設されている美術館も見学して、無事デモも通り過ぎたパリへリムジンで戻ることができて、ラッキーでした。

最後の夜は有志の研修生のみなさんと打ち上げを楽しみ、楽しい研修が終了しました。
その後は日本へ帰国する方、少し残る方、他の地域へ旅する方、それぞれの旅が続くようです。
 

 


2019年春の海外研修・4日目

研修4日目。 お天気に恵まれ、グランドホテルのあるスタニスラス広場も朝から青空で輝いています。
 


  
今日は基本「自由日」です。2日間終日みなさんで電車やバスで一緒に動き、やや疲れが溜まっているであろう4日目は、ドーム・ブティックの見学とお昼のエクセルシオールでのランチ以外は敢えて自由に過ごしてください、というスタンスにしました。ナンシーはそれなりの規模の街ですから、十分に個人で楽しむことができます。
  
朝10時からオープンのナンシー市立美術館でドームコレクションを見たり、ショッピングに出かけたり、お散歩をしたり、自由に過ごした後はすぐお隣のドーム・ブティックにてプライベート見学&ミニレクチャー。ドーム誕生の歴史から現在のパート・ド・クリスタルが生まれるまでのドームの変遷を聞いた後、国家遺産にも指定されているアール・ヌーヴォー内装で有名なエクセルシオールにてランチ。
 

 
その後はナンシー派美術館見学組、ドーム工場に設置されているアウトレットでのショッピング組、街中をゆっくり散策組に分かれて、それぞれのナンシーの午後を楽しみました。


 
コーデイネーターのダニエルよりナンシー名物ベルガモットのキャンディをお土産にいただいてナンシー駅で別れた後、TGVにてパリへ。1時間40分であっという間にパリ東駅に到着しました。
 
ここでお一人最終日を待たずに帰国される研修生と別れを告げて、それぞれパリのホテルへと向かいました。
 
 


2019年春の海外研修・3日目

研修3日目。今日は欲張り日です。いいホテルに滞在したときは、できるだけチェックアウトギリギリまで優雅な気分を味わっていたいもの。せっかくのシャトーホテルですが、その後のスケジュールのために朝9時半には出発、まずはサン=ルイ=レ=ビッチュにあるクリスタル美術館 La Grande Place を見学します。


 
ビッチュという地名が先にあり、16世紀から存在していたこのガラス工房がルイ15世より聖王ルイ9世にちなんだSaint-Louisの名前をいただいたことで、サン=ルイ王立ガラス製造所となったのが18世紀後半のこと。革命後は株式会社になり、現在ではエルメスの傘下に入っているものの、ずっと現在まで続いているこのサン=ルイこそが、バカラに先駆けてフランスで初めてクリスタルの開発に成功した老舗メゾン。
 
美術館は非常にオリジナルなセノグラフィー、表参道ヒルズのように回廊を上がってテーマ毎の作品を見ていきます。もともとの工房をそのまま美術館にしているので、ちょっと寒いです。最初にガラスとクリスタルの違いを重さ、音、屈折率などで実験させるコーナーがあり、サン=ルイがフランス初のクリスタル製造所だという事実が誇りだとわかります。


 
隣接されている製造所は普段は実際に見学が可能なのですが、今回は残念なことに4月中旬まで工事のためクローズ、それでも「ここから先進入禁止」の場所から覗き込むと、職人さんたちがガラス種を吹いている様子が竿とともに遠くから見えたりして、覗き見成功!
 
ブティックでは直販売のためか、一般よりは安い価格でのサン=ルイのガラス、ミュージアムグッズが販売されており、ここでお買い物をしたのち、途中の街サルブールでランチ。
 
ちょっとしたハプニングがあり、このレストランの住所がバスのGPSにもコーディネーターの車のGPSにも反映されません。それほど大きくもないサルブールの街に入っても全く探せずレストランに電話をして現在地を言うと、Ibisのホテルの近くだ、と。15分ほど迷った挙句にたどり着くと、そこはIbisホテルそのもの!なぜIbisのホテルの名前を出さないかというと、そこはやはりイメージの問題で(Ibisは昔からフランス全土にあるいわゆる安ホテルチェーン、しかし最近では変わってきていて、赤Ibis、緑Ibisなど格付けもされており、さらにIbis Styleというシックなところも出てきてはいる)、それなりのガストロノミックなレストランとしては、やはり出したくないよう。
 
後からシェフが挨拶に来て、自分の同僚は今東京ステーションホテル内のレストランのシェフをやっているのだ、と日本に好意を持ってくれたのか、ディジェスティフ(食後酒)をあれこれサービスで出してくれました。
 
たっぷりフルコースを味わった後は、バカラ村へ。現地のバカラ美術館を見学するのに、コーディネーターは当初とても躊躇していましたが(パリのバカラ美術館の華麗さに比べてあまりの質素さにがっかりするのではないか、と)、不安は杞憂に。というのもここも数年前にリニューアルされて、とても明るく綺麗な展示に様変わりしただけでなく、なかなか見られないバカラ製品の家具も展示されていたのです。


 
またバカラ村の教会は、バカラのクリスタル・ステンドグラスで装飾されており、クリスタルのステンドグラスというのは世界中でここにしかないのです。ちょっと急ぎ足でしたが教会、ブティックと駆け回り、ナンシーのGrand Hôtel de la Reineへ到着しました。


 


2019年春の海外研修・2日目

研修2日目、今日から2泊3日のアルザス&ロレーヌへの旅がスタートしました。
 
パリからTGVでストラスブールヘ行き、乗り換えてローカル電車でウィンゲン=シュール=モデールへ。滞在するシャトーホテルから迎えの車でシャトー・オッホベルグに半日かけて辿り着きました。


 

 

 
1室1室違うシックなシャトーホテルは2015年にオープンしたばかりで、ラリックの匂いぷんぷんの内装に、ガストロノミックなレストランが売りの4星シャトー。ここでランチを頂きながらホテルの方に伺ったところ、シャトーは長い間子供達のコロニーバカンスに使われるくらいで放置されていたのを、ラリック美術館の開館(2011年)以降、活性化しようとシャトーホテルに様変わりしたようです。そしてさらに近くにVilla Laliqueというスイートルームが数室あるだけの超高級5星ホテルがあり、ここは近くにあった3星レストランのシェフが、レストランを閉めてあらたにガストロノミーの食事を提供するスイートルーム専用ヴィラとしてオープンしたということでした。
 
コーディネーターの車で見学に行こうとしたら、門が閉まっており「火水休業」。値段表を見ると、1泊1000ユーロなんて部屋まで!
 
軽くランチを取った後は、目の前のラリック美術館を見学、オープンしたばかりのこの場所は、ラリックがガラス工房をパリ郊外から移したまさにその場所なのです。テーマ別に展示されている数々の作品、ラリックのジュエリー時代からラリック死後のラリック・フランス社に至るまでの100年の歴史が一堂に会しています。


 
ガラス製造の過程がモールドと共に展示され、またその製造工程のビデオも興味深く、最後のブティックにたどり着いたのが閉館10分前、そろそろレジを閉めるそぶりを見せられたのを無視して、リングを購入してしまうアンヌ。
 
夜はまたシャトーホテルでフルコースをたっぷり食べて飲んで、夜が更けていきます。
 
 


2019年春の海外研修・1日目

2019年春の海外研修がスタートしました!
 
今回のテーマは「フランスの華麗なるクリタルの世界」
参加者のみなさんは、アンティークスペシャリストから海外研修のリピーターまで、みなさんそれなりに装飾美術の世界を日頃研究されていらっしゃる方ばかりで、参加の熱意がプンプン漂ってきます。
 

  

 
午前は17世紀から20世紀までのガラスの歴史についての講義、完璧な通訳をされる小栁由紀子先生のおけがで、ヴェネチアのガラス、ボヘミアのガラス、そしてイギリスのクリスタルガラスの発明を経てフランスのガラスが隆盛を誇る19世紀、とガラスの理解が深まりました。
 
集中講義の後はメゾン・バカラへ移動し、お昼はレストラン『クリスタル・ルーム』内のプライベートルームにてランチ・レクチャー。すでに午前の講義で出てきた『アルクール』シリーズのグラスがセッティングされています。プライベートルームに飾られている石膏の型は、まさにバカラの歴代のグラスをはじめとするガラスウェアのフォルムでした。
 

 
たっぷり食事をいただいた後は、そのままバカラ美術館を見学。バカラの歴代の有名人注文主(ジョゼフィン・ベーカー、ダリ、コクトーetc)のそれぞれのグラスウェアから始まり、万博出品作品から現代アーティストとのコラボレーション、ジュエリーにいたるまでそれほど広くはない空間ですが雰囲気と共にゆったり見学をします。
 

 
バカラ美術館もブティックも、来るたびに展示品が入れ替わっており、毎回新しい発見がありますね。
 


ミュシャ展、フラゴナール美術館、そしてドーム・デュ・マレ

 5日目、いよいよ研修も最終日になりました。
 今日はリュクサンブール美術館のミュシャ展見学からスタートです。
 ベル・エポックを代表するポスター画家、ミュシャの展覧会は本研修のテーマにぴったりなのですが、フランス人にも大人気なため、連日長蛇の列、予約をしてある我々のグループが入館したときには、もう人息ムンムンの状態でした。
 
 


 
 その後、ちょうど近くのサン・シュルピス広場で開催されているアンティークマーケットを散策、お昼ご飯返上で、マーケットに繰り出す研修生。このマーケットは場所柄(サン・シュルピス広場は、カトリーヌ・ドヌーヴも住んでいる高級エリアなのです)やはり質の良いもの、すなわちお値段もそれなりの一級品揃いですが、研修生たちもそれなりに場数を踏んできており、交渉もお手の物。みなさん良いものを買われたり、あるいは目の保養をたっぷり楽しんだりしていました。
 

 午後はフラゴナール香水美術館にて香水や香水瓶の歴史を解説していただきました。フランスに来ると香水の匂いがあちこちでする、のは本当で、それはなぜなのか、どんな香水がどんな時代に発達したのか、香水の三要素とは?香水はどこにどうつけるのが正解?といったことを、ベテランのガイドさんにお話いただきました。
 
 


 
 夜のカクテルディナーは、ドーム・デュ・マレへ。ちょっと分かりにくい場所ゆえ迷った方もいらっしゃいましたが、「隠れ家」度のかなり高い場所です。そもそも開いている時間より開いていない時間の方が多いという、知る人ぞ知る、なレストラン。ここは元オークション会場だった場所で、18世紀末の建物、クーポールが美しい素敵な空間です。その昔、今の厨房の場所にオークショニアが控えていて…なんて解説を聞きながら、美味しいお料理をいただきました。お料理は現代風で洗練されていて、とても優雅な最後のひと時を、研修生のみなさんと一緒に。
 
 
 

 全員がディプロマを取得、楽しい5日間の研修が終了しました。
 
 


サザビーズにてプレヴュー、マルモッタン美術館、ギマール散策

 4日目。今日はパリのサザビーズにて、昨年亡くなったピエール・ベルジェ・コレクションのプレヴューに。イヴ・サン・ローランのコレクションの大々的なオークションは2009年にグラン・パレにて開催されましたが、今回ベルジェのコレクションもプレヴューは5日間、オークションは3日間に渡って開催、注目を集めているのは間違いなし。
 

 プレヴューは誰でも入れるとはいえ、美術館ではないので予約をすることは不可能、入場に長蛇の列も予想されたので、初日の朝10時、オープンと同時に入ることにしました。この時間の研修は一応「自由時間」、希望者のみ参加ということにしていましたが、向学心あふれる全員が参加。私たちが集まっていると、すでに扉の一番前にいたマダムから「私は朝3時に起きて、南仏から来たのよ」と!
 
 


 

 今回ベルジェのコレクションの見ものはジェリコのコレクション、そしてヴァニタス。プレヴュー会場は、そこんじょらの(お金のない)美術館の展示とは比べ物にならないセノグラフィーの素晴らしさに圧倒です!
 
 


 

 午後はマルモッタン美術館にて、アンピール様式の家具や室内装飾、そして印象派の作品がなぜこの美術館に集まったのか、などを学び、近くのギマール建築散策へ。
 
 
 

 今回もカステル・ベランジェの扉の前で説明を展開していたら、住民の一人と思われるマダムが「わざと」扉を開けて、閉めるのを忘れたフリをしてくれました。「入ってよろしいのですか?」「出るときに閉めてね(ウィンク)」!運が良いです!
 
 


 
 明日はいよいよ最終日です。
 
 


もう1つのアール・ヌーヴォー、ブリュッセルへ

 今回のテーマの1つ、アール・ヌーヴォーはフランスではパリとナンシーで花開きましたが、フランス国外でも同様の運動は各国で同時多発的に発生しており、とりわけ建築分野ではブリュッセルで顕著に現れていました。
 

 というわけで、Maison Hortaオルタ邸を外すわけにはいかず、建築といえばMaison Van Buurenヴァン・ビューレン邸も見たい、でもサブロン界隈のアンティークギャラリーも周りたいしジュ・ド・バルの蚤の市も…と欲張ると、とても1日では足りないのですが、研修生のみなさんは小便小僧もグランプラスも王宮も、そんな一般の観光地には興味がなく、この研修にふさわしいところにたとえ駆け足でも行きたい、という要望が強く、欲張ってすべて希望通り制覇しました。
 

 ブリュッセル在住のガイド協会に所属している日本人ガイドさんが手際よくアレンジしてくださったおかげで、美味しいムール&フリットのレストランも堪能し、楽しい1日でした。
 
 
 


 


 
 今回はタリス1等車、もれなく食事が付いてくるのですが、これがなかなか美味しいし、サービスも手際よく笑顔付き、乗車前には特別のラウンジも使えて、とても「パリ北駅発」「ブリュッセル南駅発」(どちらも治安に問題のある地区!!)とは思えない快適なエクスカーションでした!
 
 4日目に続きます。
 
 


2日目はマキシム美術館と、プティ・パレへ

 2日目。朝夕の気温はぐーんと下がりましたが、よいお天気です。

 午前はマキシム美術館をプライベート見学。(現在のシステムでは20人以上のグループでないと見学できないのを、今回学芸部長エレーヌ氏の好意により特別に解放していただきました。)1階のレストラン、2階のバー、3階の18世紀のヴェルサイユの宮廷を再現したホール、そしてその上にある、ピエール・カルダン・コレクションである、アール・ヌーヴォーの数々の家具工芸品。ロワイヤル通りを通る人はここがレストラン・マキシムだとは知っていても、まさか上階に18世紀風のホールやコレクションがあることはほとんど知られていません。
 
 フランスのクチュリエの美のセンスは当然アートにも向けられており、それゆえアート・コレクターが多いことでも有名ですが、ピエール・カルダン氏は、まだアール・ヌーヴォーが美術史から忘れ去れていて、再び注目をされる前からアール・ヌーヴォーの素晴らしい美術品を収集していて、その審美眼はさすが一流のクチュリエならでは、です。
 
 

 研修生から出た質問が盛り上がり、「フランスの歴史はディアンヌ・ド・ポワチエの時代から現大統領まで、すべてクルティザンヌによって作られている」という話に発展したところでお昼となり、グラン・パレのお隣にあるシックなレストラン、mini-palaisへ。どこかのCMではないですが、天井が高い空間での食事はやはり気持ちがよく、たっぷり2時間かけて腹ごしらえをした後は、通りを渡ってプティ・パレへ。
 
  
 

 以前の研修時に訪問した時とはすっかり展示品も入れ替わっており、今回のテーマ、ベル・エポックにふさわしい作品群を、絵画から工芸品まで、アンヌ・コリヴァノフの解説で回りました。ジョルジュ・クレランのサラ・ベルナールの肖像画はやはり素晴らしいですね!
 
 3日目に続きます。
 
 


2018秋・海外研修がスタート!

 2018年秋「パリ・ブリュッセル海外研修」がスタートしました。
 今回のテーマは『ベル・エポック』です。
 この表現は美術史用語ではなく、社会現象を指す言葉で、文字通り『美しき時代』。ヨーロッパが世界一キラキラしていた古き良き時代を、後世の人々が懐かしむ意味で、後から使われた表現です。
 
 日本では第二次世界大戦が大きく社会を揺るがした戦争でしたが、ヨーロッパでは第一次世界大戦で国土が戦場となり、19世紀的ブルジョワの没落など、社会が一変しました。19世紀末よりその第一次大戦までを『ベル・エポック』と呼び、この時代の芸術を辿ろう、というのが今回の研修のテーマです。美術史的には、印象派、象徴主義、ナビ派、ジャポニスム、アール・ヌーヴォーなどが含まれた時代ということになります。
 
 1日目・午前は、顔合わせ&ウェルカム・コーヒーで、「初めまして」の方ともみなさん意気投合したところで、ベル・エポック時代の建築、室内装飾、絵画、彫刻、ガラス、銀器、陶磁器、宝飾品についての概要講座をアンヌ・コリヴァノフより受けます。
 
 
 
 
  

 ランチはフリーですが、全員一致で、近くのアール・ヌーヴォー内装で有名なブラスリー・シャルティエにて。ここは味的には伝統的ブラスリー、いわゆる今風のレストランではないのですが(日本人の舌には合わない人もいるのでは・・・)、フランス人の前世紀のおふくろの味っぽいのが評判なのか、フランス人には大人気で、予約を取らないため、いつも列ができています。
 
 
 
 午後はオークションハウス・ドルーオーの見学、パサージュ散策(途中でA la Mère de Familleという、美味しいショコラのお店でお買い物もして)、そして、サントゥワン蚤の市の高級マーケット「ビロン」にもスタンドを持つ、アール・ヌーヴォーのガラス専門老舗ギャラリー・トルビオンにて店主より実践講義を受けました。パリのアール・ヌーヴォーの専門家たちがみな推薦するこのギャラリーの店主ブリオ氏の熱烈なサービス講義に、研修生は熱心に質問をしつつ、ミュージアムピースを実際に触らせてもらいながら、鑑定方法を学びました。
 


 


 

M. Bourriaud, Galerie Tourbillon


 

 今回の参加者はほとんどフランス語がわかる人たちなので、通訳の説明が再確認となり、非常に濃い内容の研修となっています
 
 2日目に続きます。