AEAOサロン倶楽部」カテゴリーアーカイブ

マイセンと動物ものがたり

7/21(日)に7月のAEAOサロン倶楽部が開催されました。パナソニック汐留美術館で開催中の「マイセン動物園展」を鑑賞するに先立ち、近くのパークホテル東京内にあるフランチレストラン「タテル・ヨシノ・ビズ」にてプレ・レクチャー。夏の蒸し蒸ししたしんどい季節も、さわやかなスパークリングワインと美味しいお料理で、少しは元気になりますね。

(ちなみにお料理はこんな感じ。)

マイセンがヨーロッパで最初に磁器の焼成に成功したのは周知の事実ですが、そもそも18世紀初頭、なぜそれが文化芸術の中心であったヴェルサイユとは程遠いマイセンだったのか、「アウグスト・バロック」と呼ばれたアウグスト強王の『磁器病』はどの程度だったのか、絵付け師ヘロルトや成型師ケンドラーの才能はどんなものだったのか…そんなお話をしながらみなさんでお料理に舌鼓を打ちました。

今回の展覧会はよくあるテーブルウェアではなく、動物がテーマです。動物が器に加飾される多様性、メナージェリと呼ばれる宮廷動物園の計画による動物や鳥の磁器彫刻の歴史は、マイセンの初期から始まっていました。またマイセンの代表シリーズ「スノーボール」に付加された動物や鳥の見事な磁器彫刻も見ることができました。

しかし何と言っても今回の展覧会の「動物園」は、アール・ヌーヴォー期に花開いた動物たち。この時代には、パート・シュール・パートや釉下彩、イングレーズなどの技法で色彩柔らかな表現で多くの動物磁器彫刻が制作されます。

そしてアール・デコ期には、ベットガー炻器の再現でマックス・エッサーによる多くの動物彫刻があらたに誕生、愛らしい『カワウソ』は1937年のパリ万博にてグランプリを受賞します。

夏休み中の展覧会だけあって子供さんも多く、「あ、かわいい!」「これ怖い〜!」「猫ちゃんだー!」といった愛らしい感想とともに、磁器動物園を存分に楽しめたサロンでした。


箱根でラリックとサラ・ベルナールに出会う!

6月のAEAOサロン倶楽部は、箱根にて。仙石原にあるラリック美術館にて開催中の「パリ世紀末 ベルエポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」の見学鑑賞を兼ねて、本展の日本側監修者・岡部昌幸先生による見学会です。
 
前泊組、当日の車組・高速バス組などそれぞれの手段で11時に集合、箱根ラリック美術館の企画リーダーである学芸員の浦川佳代子さんがお迎えくださり、ラリック美術館についてのあらまし、特徴などをレクチャー頂きました。
 
そしてカフェ・レストランLYSにて岡部先生によるランチ・セミナー。メニューはサラ・ベルナール所縁の地であるブルターニュの名物・ガレット(スモークサーモンと温泉卵)に、アンチョビとガーリック味の大人のフレンチフライ、鮮魚のカルパッチョ、デザートはいちごのサラ・ベルナールのスイーツと、美味しいとの評判を裏切らないLYSのお味です。
 

 
ラリックの名品がなぜ日本にこれほどあるのか、日本における美術館作りはどんな経路を辿ってきたのか、70年代〜90年代の日本は果たして世界的に美術品愛好国として信頼されていたのか・・・お話は相変わらず右へ左へ揺れつつも、尽きることのないトピックにみなさんメモが離せません。
 
ランチ・レクチャーを楽しんだ後は、見学鑑賞です。ルネ・ラリックのジュエリー、香水瓶、ガラス工芸品、そしてサラ・ベルナール特別展、途中の「サラのサロン」からは、モネの太鼓橋を模した情景がそのまま楽しめます。
 

終了後は自由解散となりましたが、箱根マイセン・アンティーク美術館を訪ねたり、ポーラ美術館を駆け足で巡ったり、渋滞前に箱根を脱出したり、とそれぞれの大人の遠足を楽しんだ6月初旬の箱根。まだ暑くもなく寒くもなく、気持ちのよい日でした。


 

 


読書会第5回 美しいフランステーブルウェアの教科書

まだ5月の下旬というのにいきなり真夏になってしまったこの日、「美しいフランステーブルウェアの教科書」の第5回読書会が行われました。今日の章は「LES VERRES(ガラス)」、暑い日でも涼しげなガラスのお話です。

ガラスの原料、ガラスの歴史、ヨーロッパ各国でのガラスの覇権の流れをざっとおさらいし、テーブルに登場する食器としてのガラス製品であるボトル、カラフ、ピッチャー、ゴブレ、タンバルなどの特徴を図版や教科書の画像で学びました。

ガラスならではの装飾、カット、グラヴィール、アシッド・エッチング、サンド・ブラスト、オパリン、被せガラス、エナメル彩、金彩・・・美しい装飾が施されたガラスは、何も入れなくても美しいものがたくさんあります。

参加者のみなさんが持ち寄ったコレクションの鑑賞会もいつものように楽しく行いました。


ウィーン世紀末のグラフィック

5月のAEAOサロン倶楽部は、ウィーン世紀末とウィーン工房の世界に浸ってみました。

 
今年2019年は日奥修好150周年の年でもあり、ウィーン本家から多くの作品が日本へやってきています。国立新美術館の「ウィーン・モダン」展、東京都美術館の「クリムト展」が現在開催中、そして秋には「ハプスブルク展ー600年にわたる帝国コレクションの歴史ー」が国立西洋美術館にて開催されます。
 
そんな中、当サロン倶楽部で訪館したのは、目黒区美術館で開催されている「世紀末ウィーンのグラフィック」展、鑑賞に先立ってのミニ・レクチャー会場は、目黒川沿いにひっそりある隠れ家イタリアン「ラ・ルーナ・ロッサ」の個室。なんだか秘密基地のような世紀末風のお部屋で、美味しいイタリアンに舌鼓を打ちつつ、みなさんでウィーン話で大いに盛り上がりました。

 
腹ごなしの散歩の後に辿り着いた目黒区美術館では14時より関連企画で、山之内克子先生による講演会「世紀末ウィーンの社会と文化」がありましたが、私たちが到着した時点では「整理券配布はすべて終了しました」の文字。もう配布と同時に定員に達したそうなのですが、なんと直前になってラッキーなことに整理券のない希望者も補助椅子で聴講できることに!サロン参加者全員が潜り込んで、素晴らしいお話を聴くことができました。
 
ウィーンの伝統的な文化とは、ウィーンの19世紀、分離派が誕生するまでの社会や生活はどんな感じだったのか、歴史主義がなぜ興ったのか、ウィーンにおけるビーダーマイヤー様式とはなんだったのか、新しいウィーンの建築様式はなぜその建物がその様式で建てられたのか・・・これまでなんとなく漠然とスルーしていた事象が系統立ててつながり、おかげでウィーン分離派やウィーン工房の成り立ちやレゾンデートル、世紀末の退廃美の誕生などが理解できました。
 
展覧会場は1枚1枚眺めていくと、あっという間に時間が過ぎてしまう充実ぶり。ファインアートとは違う、日常生活に関わるグラフィックの新たなデザインの魅力にどっぷり浸かった展覧会です!


 
本サロンはこじんまりと数名限定で募集したため、あっという間に定員に達してしまいましたがキャンセル待ちの方も多く、第2弾を開催することになりました(こちらもすでに満席です)。秋にはハプスブルクにちなんだテーマで、また何か行いたいと思います。
 
 


平成最後の日のサロンは、皇室文化で

4月のAEAOサロン倶楽部は、本日平成最後の日に行われました。
 
2018年から2019年にかけて全国で巡回された「明治150年記念 華ひらく皇室文化 ー明治宮廷を彩る技と美ー」展のフィナーレが、学習院大学史料館にて現在開催されています。
 

 
展覧会の鑑賞に先立ち、本展の副委員長であり、学習院大学資料館学芸員の長佐古美奈子先生によるプレ・ランチトークを目白のロイヤルガーデンカフェにて行いました。


 

 
クリームチーズのKiriのフェア中で、Kiriを使った美味しいお料理と共に、ボンボニエールの由来や、いったいなぜ明治宮廷でこれを取り入れたのか、みなさんで推測しながら話し合いました。長佐古先生所蔵のボンボニエールに入った金平糖をデザートにいただき、ランチの後は、やや小雨の中を学習院大学史料館へ。


 
会場そのものは小さな一部屋ですが、平成最後の日とあってか、多くの鑑賞者で賑わっていました。
皇室の正餐用食器・銀器、そして掌上の皇室文化である「ボンボニエール」が年代ごとに展示されています。
 
明治時代、外国に追いつけ追い越せと洋装や洋食器を取り入れた宮廷文化、しかしただのモノマネではなく伝統文化の保護や日本の精緻な技が凝縮された数々の逸品揃い。改元に伴って新しい時代を迎える今、明治期の文化の素晴らしさをあらためて感じたひとときでした。
 
 


ラリック・エレガンス

AEAOサロン倶楽部・3月の会は、練馬区立美術館で開催中の『ラリック・エレガンス』展の見学会でした。この後、3月後半の海外研修で訪れるラリック美術館のプレ講座としてもグッド・タイミングの展覧会です。
 

ランチ・レクチャーの会場は、美術館の近くにある洋食レストラン。当初よりも人数が集まってしまったため最適なところが探せず、それでも予め「端っこのなるべく静かな席で」とお願いしておりましたが、子連れ客などに囲まれてしまったため、岡部昌幸先生のとっておきのお話がみなさんに行き通らず、ストレスがたまるレクチャーとなってしまいました。申し訳ございません。
 
敗者復活で、レストランのロビー(というより待合席)のようなところを陣取り、再度レクチャー。参加者からの質問の流れもあり、ラリックは人としては悪い人だった、でもそういう悪い人を支えよう、信じようという人がいたからこそすべての芸術家の作品は残るのだ、という哲学にまで発展し、ありきたりの作家としての系譜や作品の特徴に留まらないところが、岡部先生のレクチャーの醍醐味なのです。ちなみに悪い人、というのは大抵女性関係が絡んでいるものであり、女性を泣かせた、資産家の女性を利用した、というのもお決まりパターンですね。
 
ラリックがイギリスに滞在していたことから、当時のアーツ・アンド・クラフツの影響を受けたに違いなく、アーツ・アンド・クラフツからアール・ヌーヴォーへの流れ、そしてアール・デコへの転換期の前兆としてアール・ヌーヴォーが事実上終焉するのが1906~07年辺り、というお話が出ましたが、その時期に香水瓶ラベルを発表したのは、たまたま運が時代に味方した、という結果論ではなく、工業デザイナーとして先を見ていたマーケティングの勝利だったのでは?となったところで、いよいよ展覧会会場へ。
 
この日は折しもロビーでのコンサートが開催されていて、展示場内にも音が響き渡っていましたが、そのおかげか、輪になって解説をするとすぐに監視員に注意される、といういつものお叱りも緩和されていて、ゆっくりとガイディングを聴きながら鑑賞することができました。
 
鑑賞会後はアフターでのお茶会も行い、お天気には恵まれた練馬の美術館鑑賞会となりました。
 


フランステーブルウェアの教科書 読書会第3回

毎回早いうちに満席御礼となってしまう、フランステーブルウェアの教科書の読書会、第3回が行われました。前回の「LES ASSIETTES (陶磁器の皿)」に続き、今回は「PLATS ET SERVICES SPÉCIFIQUES (大皿と特別な用途の器)」の章を一緒に読み進めていきました。
 

耳慣れないカタカナ、ポタオイユ、エキュエル、食品を表す言葉ではない食器としてのテリーヌ、そしてちょっとは想像がつくスーピエール、ソーシエール、レギュミエ・・・それぞれどんな歴史でどんな用途で使っていて、今はどう使っているのか、そんなことを学びます。
 

フランスの蚤の市に行くと目を引く派手派手バルボティーヌ、アスパラガスや牡蠣が如何に食卓で華やかさを醸し出していたのかもわかります。
 

そして卵、チーズのための食器。今の卵とは大きさが違ってもっと小ぶりだった19世紀、卵を食べるために登場したコクティエやウフリエ、今はそんな優雅な朝食をなかなか取れない私たちですが、当時のブルジョワの朝(ほとんど昼)のベッドの中での気だるさが想像できるようです。
 

コンポティエ、プレザントワール、コルベイユ・・・他にも立体的な食器がたくさん登場する同章、写真や画像を見ているとワクワクしますが、狭い居住空間の現代、あまり使う人もいない上、フランスから持ち帰るのも大変そうなフォルムなので、お皿に比べるとコレクションしている方はあまりいないのも宜なるかな、ですね。

KELLYという東海地方で発売されている雑誌にも、当書籍が紹介されていました。嬉しいですね。
 

 

次回の読書会は、4月20日です。お申し込みはお早めに!
  
 


アガサ・クリスティの好きなコーヒーカップ

2月のサロンは、アガサ・クリスティの小説を通じて小説や映画に出てくるコーヒーカップをテーマに集まりました。
 

日本におけるオールド・ノリタケをはじめ近代輸出工芸史の第一人者であり、東京藝術大学・特任教授の井谷善惠先生の新著「アガサ・クリスティーとコーヒー (珈琲文化選書)」に描かれているコーヒーの世界、あらためて注目して見てみると、当時の時代考証や言葉の使い方、イギリスという国の社会的地位の変遷などいろいろなことが見えてきます。日本コーヒー文化学会常任理事で、かつ英米文学にも造形の深い井谷先生ならではの洞察力で、非常に興味深い世界を私たちに教えてくださいました。
 

各作品の中に登場するコーヒーカップに注目しつつ、また先生のコレクションもお持ちいただき、みなさんで触って手に取って鑑賞させていただいた後は、地上40階の高層ビルのブラインドを上げ、絶景の空間にてコーヒー&ケーキでの楽しい懇親会。
 

懇親会用のカップは、会場提供に協力いただいた参加者様の大コレクション、フランス東部の、今は存在しない窯・KG Lunévilleのピンクの花模様のカップを使わせていただきました。井谷先生曰く、このピンクの顔料は他の色とは違って、最も高価な顔料代のものだということ。また金継ぎ中のカップから漆の話についても花が咲き、次回の井谷先生のサロンのテーマも固まりつつあります!
 


フランステーブルウェアの教科書・第2回読書会

まだまだ春には遠そうな2月中旬、第2回読書会が開催されました。
今日の章は、LES ASSIETTES(お皿)。本書の訳では「陶磁器の皿」と訳しています。
本章を主に訳していただいた中山久美子先生のファシリテーターで、読書会が進められました。
 
舌を噛みそうなカタカナがたくさん出てきますが、いったいそれらが何なのか、まだ日本ではそれほど知られていない形状だったりモチーフだったり、地名ですら馴染みがないものも多いです。調べてみようにも、カタカナではなかなか出てこない…従って、検索するための原語リストからスタートです。
 
ルーアンの「ランブルカン文様」って? ムスティエの「ベラン様式」って? 「サマデのバラ」って何? 
ただただ本を読んでいても作例が出ていないものについて、画像とともに、みなさんで紐解きます。
 
お皿は最もコレクションしやすいアイテムだからでしょうか、今回参加者のみなさんもそれぞれ集めているものがあるようで、色々なフランスのお皿をお持ちいただきました。それらを見て触って撫でて叩いて(!)、モノを理解していきます。


 

18世紀以前のファイアンスにあるペルネット痕なども、実物を見てみないとなかなかわからないものですね。
 
 


タータンとチェックは違いますゾ!

1月のAEAOサロン倶楽部は、「多彩なる魅惑の装飾・タータンの世界」と題し、タータンについてみなさんで学びました。今日の集まりのドレスコードは、何かしらタータン(と思しきもの)を身につけてくる&持ってくること。みなさんさりげなくタータンのマフラーやショール、ハンカチなどをチラチラさせています。
 
第一部はカフェの個室にて。タータンのレクチャーをしていただくのは、タータン最大手、スコットランド・ロキャロン社・日本代表の綱島実先生。スコットランド国際開発庁や日本スコットランド協会とも長年にわたって親交のある、タータンのスペシャリストです。
 

プレ・レクチャーでは多くの生地見本を実際に見せていただきながら、タータンの歴史、イギリスの歴史と共に、タータンとはなんぞや、というアウトラインを教えていただきました。
 
そして綱島先生から参加者全員へプレゼント、日本とスコットランドのフラッグをあしらったピンズです!このサロンの参加者のために、わざわざスコットランド国際開発庁から都合していただいたのです。
 
お茶とチーズケーキ付きのプレ・レクチャーの後、第二部は、駅をはさんで反対側にある三鷹市美術ギャラリーへ。迎えてくださるのは、主任学芸員の富田智子さん、本展覧会に並並ならぬ情熱をもって準備に臨み、自らスコットランドまで乗り込んでいったという方です。私たちのために、本展覧会の解説を入場前にしてくださいました。
 
会場内は、あっちもタータン、こっちもタータン、でもタータンの意味や、由来、背景を知った後では、真剣に見入ってしまいます。さきほどのプレ・レクチャーで聞いた「ディストリクト・タータン」「ジャコバイト・タータン」といった言葉の解説もおさらいしながら、展示品をゆっくりと鑑賞することができました。
 
格式高いタータン柄からカジュアルなグッズまで、展示品も多岐にわたっていて、とても楽しい展覧会です。
 
最後に、学芸員の富田さん、綱島先生とみなさんでの記念撮影!