School Info

アンティーク講座のご案内

School Info

アンティーク講座のご案内

2021年10-12月アンティーク講座のお知らせ
アンティーク・西洋装飾美術の定期講座が、アンスティチュ・フランセ東京よみうりカルチャー恵比寿センター目黒学園カルチャースクールでそれぞれ開講されています。
 
また横浜・青葉台のランスティチュ・ヴィオレッタにて、「スイーツ&アンティーク」のシリーズ講座が開講されています。

お申し込みは各スクールでそれぞれ受け付けていますので、直接各スクールにお問い合わせの上、ご登録ください(本協会での運営ではありません。)締切・定員のある講座もありますので、ご注意ください。
 

 アンスティチュ・フランセ東京


 
「フランス・アンティークの愉悦」
木曜日 
15:00 - 17:00(どなたでも - アンスティチュ・フランセ東京にて)
19:00 - 21:00 (既習者・上級者対象 - Zoomによるオンライン)
 
<秋学期>
テーマ:耽美なるフランスの装飾の世界
秋学期はフランス・モードの世界を通して、フランスの耽美なる装飾を学びます。コスチュームプレートに描かれるモードや王妃たちの宝飾品を紐解いていきましょう。
 
T2ANaはどなたでも受講可、 7T2ANbは特に既修者やアンティーク検定の資格取得者を対象としています。
 
● 講座の申込については、アンスティチュ・フランセ東京(03-5206-2500)へお尋ねください。オンラインによる申し込みも行なっています。
締め切り:10月7日 
 
(16P 文化講座のページを参照)
 
10/14 

ファッションプレートで知るフランスのモード

10/28 

王妃たちの宝飾品

11/11 

高級娼婦たちの作り上げたフランスの流行

11/25 

ベル・エポックとネオ・ロココ、ジュール・シェレの世界

12/9 

パリの流行 〜パレ・ガリエラの展覧会より〜


 よみうりカルチャー恵比寿


 
「西洋アンテイークを紐解く」
毎月第1金曜日 13:00 - 14:30
 
西洋アンティークに興味がある方、アンティークのコレクションをしている方、アンティークの魅力について、由来や歴史を一緒に紐解いていきませんか?ティーカップなどの西洋陶磁、銀器やガラス工芸品、アンティークジュエリーの基礎知識を身につけて、生活にアンティークを取り入れてみましょう。
 
 
<10月期>
今学期はアンティークの世界ではあまり語られることの少ないイタリアの陶磁器などのアンティーク、19世紀のブルジョアたちがお出かけ用に手にしていた愛らしい小物の世界、そしてロシア皇帝の宝石商となったファベルジェの宝飾の世界を一緒に眺めていきましょう。
 
10/1 

イタリアのアンティーク 〜ピエトラ・ドゥーラからリチャード・ジノリまで〜

11/5 

ブルジョワの小物たち 〜パラソル、ステッキ、扇、手袋〜

12/3 

ファベルジェの世界 〜ロシア皇帝の宝石商〜


  目黒学園カルチャースクール


 
「西洋アンティーク入門〜鑑定と謎解きのサロン〜」
毎月第1月曜日 19:00 - 21:00 
 
西洋美術、西洋装飾美術の知識を身につけ、西洋アンティークの品を実際に触れながら、その魅力や歴史、鑑定法や市場価値について、サロン形式で一緒に学びましょう。基礎知識が全くない方でも、アンティーク好きな方、ヨーロッパ文化が好きな方、アンティークコレクターの方、これから何か手にしてみたい方・・・どなたでも、参加をお待ちしております。1回につき1テーマで行いますので、途中からの受講も可能です。
 
● 講座の申込については、 目黒学園カルチャースクール(03-6417-0031)へお尋ねください。
 
<10月期> 
10/4

イタリアのアンティーク 〜ピエトラ・ドゥーラからリチャード・ジノリまで〜

11/1

ブルジョワの小物たち 〜パラソル、ステッキ、扇、手袋〜

12/6

ファベルジェの世界 〜ロシア皇帝の宝石商〜

  ランスティチュ・ヴィオレッタ

 
 「スイーツ&アンティーク」
 
横浜・青葉台にあるアンティーク・ショップ「ヴィオレッタ・カルチャーサロン」にて開講される、美味しいスイーツ講座です。オンラインも同時開催されます。毎回のテーマによるスイーツはオンライン受講者へも事前にご自宅へ届けられます。
 
● 講座の詳細、申込については、アンティークス・ヴィオレッタ(045-988-1481)へお尋ねください。
 

<2021年2月~2022年1月> 日曜日 14:00-16:00
 
2/7

マリー・テレーズ・ドートリッシュの愛したチョコレートとショコラティエール( ショコラ )

3/14

ドラジェ入れとリモージュボックス、西洋の小物入れ( ドラジェ )

4/4

セーヴルとリモージュ、繊細なる磁器とマリー・アントワネットの愛したお菓子( クグロフ )

5/9

フランスのファイアンス・フィーヌと焼き菓子のマリアージュ( カヌレ )

6/6

コンデ公の愛した柿右衛門とクレームシャンティイ( クレームシャンティイ )

7/4

バカラ、サン・ルイ、クリスタルの王者でいただく極上のスイーツ( グラスデザート )

8/1

イスファハン、イスタンブールに見るイスラム美術&イズニック陶器(アラブのお菓子&チャイ)

9/12

ナポレオンの没後200周年にちなんで、アンピール・スタイルのアンティークの数々(ナポレオンパイ)

10/10

カンペール陶器とブルターニュの文化(ブルターニュのお菓子〜クイニーアマン、ファー・ブルトンなどから〜)

11/14

ノーベル賞晩餐会で供されるアラビア&オレフォス (スウェーデンのお菓子〜シナモンロール、ジンジャークッキーなどから〜)

12/12

ロマノフ王朝の絢爛、インペリアル・ポーセリンでいただくロシアン・ティー(ロシアン・スイーツ

1/9

アラン・デュカスが愛したムスティエ=サント・マリー村、ムスティエ陶器(プロヴァンスのお菓子〜ビスキュイ・ド・ムスティエ、カリソンなどから〜)


 
 
 
【外部サイト】