お屋敷シリーズ、旧古河虎之助邸を訪ねる

9月のサロンは、お屋敷訪問シリーズ第二弾、昨年9月に行われた第一弾の鳩山会館に続き、今回は旧古河虎之助邸を訪ねる会でした。

お屋敷訪問シリーズを催行するのは季節のよい5月、9月、10月などで、雨さえ降らなければ・・・と思っていたのに明け方はまさかの雨・・・でしたが、ランチの時間には小雨となり、どうやら止む様子。まずはプレレクチャーを、アンティークの調度品が可愛く飾られている隠れ家カフェにて、フルコースランチをいただきながら。

明治から戦前までの日本の社会階層や住居はどんな状況だったのか、なぜこの期間に洋館が建設されたのか、施主はどんな人たちだったのか、どのくらいの女中や下働きの人たちが必要とされていたのか、建築スタイルとしては何様式が多かったのか、持ち家率ってどのくらいだったのか…住まいにまつわる話題は誰にとっても身近なだけに盛り上がったところで、前菜がサービスされました。

特別にお願いして作っていただいたお料理は、どれも丁寧に料理された感がたっぷりの、ヘルシーで美味しいものでした。全員しっかり完食!

ランチを終えて外に出たら雨は止み、それほど気温も高くなく、ちょうどよい庭園散策日和となりました。

そしていよいよ館内ツアー。館内は事前予約制で、館内学芸員によるガイドでのみ見学ができます。この会はほぼ協会サロンの参加者で、ゆっくりと隅々まで鑑賞することができました。

明治〜昭和初期に建設された多くの邸が和洋館並列形式なのに対し、ここは洋館単独として設計され、内部に和館が取り入れられているという、一見外観からはわからない造りとなっています。

学芸員さんによれば、コンドルが設計した「洋館の中に和館を取り入れる」スタイルは4館しか設計しておらず、この旧古河邸が現存している唯一のものだそうです(他の3館は消失)。

洋と和を両方取り入れるのに、よく「折衷」という言葉を使いますが、ここは「折衷ではなく、調和と共存」。和館が存在している様子は外観からは一切わからない、また屋敷から眺めた庭はあくまでもイングリッシュ・ガーデンのみが目に入り、その向こうの低地にある日本庭園は、まさかあるとは気づかない、そんな計算された設計で、言われてみると美しく調和しているのですね。

戦後の財閥解体によりまずは国に接収され、次に進駐軍による接収の後、「30年間、お化け屋敷のように荒れ放題だった、動物も住みついていた」状態の館を数年かけて修復工事、平成元年にようやくほぼ元の状態に復元し美術館としての開館となりましたが、荒れ放題からの修復の大変さ、困難さを経験してきただけに、現在ではスリッパに履き替え、ガイドツアーのみの見学となっています。

30年の空白期間ゆえか当時の様子でわからないことは残っており、たとえば館内見どころの1つである大理石を使用して作られた五右衛門風呂のような丸い浴槽にどうやってお湯を張っていたのかについても、諸説あるようです。

館内内部には冷房施設はなく、扇風機や冷風機のみでした。真夏でなくて、雨上がりの今日でよかったわね、と結果オーライ!まだバラの季節前だけあって、庭の訪問者があまりいないのも、かえって当時の邸の住人になれたような気分を味わうことができました。

好評のお屋敷訪問シリーズ、今度はどこを訪ねましょうか・・・。


ニュースレターを登録されている方々へ

本協会では、毎月1回月初にニュースレターを配信しておりました。ところが従来の送信方法ですと、一部のキャリアメール(携帯メール)の受信者へメールが送れない、送信元である本協会のアドレスがニュースレター配信で一度に大量のメールを送信することでスパムと判断され、以降迷惑メールに振り分けられる、などなど様々な障害を引き起こすケースが多発しており、現在新しい送信システムを検討・構築しております。

従いまして、9月のニュースレターの配信が遅れますことをご了承くださいませ。

9月のニュースレターにつきましては、配信までの間、こちらでご紹介させていただきます。

9月のニュースレターをお届けいたします。

* 2019年10-12月期 アンティーク講座

10-12月期のアンティーク講座のプログラムをupしております。
お申し込みは各スクールにて受け付けております。
尚、アンスティチュ・フランセ東京につきましては定員、締め切りがございますのでご注意ください。

< アンスティチュ・フランセ東京 >

10月24日(木)
17世紀~20世紀におけるフランスのモード史 ~バロックモードからパコ・ラバンヌまで~

10月31日(木)
フランスのレース、ブティの世界 ~シャンティイ・レースや南仏ブティの愉しみ方~

11月14日(木)
フランスのアンティーク・ジュエリーの歴史 ~宮廷の「宝石」からコスチュームジュエリーまで~

11月28日(木)
フランスにおける香りの歴史とアンティーク香水瓶、嗅ぎタバコ入れ、ヴィネグレット

12月12日(木)
パリ万博から眺める、装飾美術工芸の世界

< よみうりカルチャー恵比寿センター >

10月4日(金)
ヨーロッパの茶文化とサロン

11月1日(金)
美しい名作椅子たち

12月6日(金)
ヨーロッパの宮殿と装飾 Part2

< 目黒学園カルチャースクール >

10月7日(月)
ヨーロッパの茶文化とサロン

11月18日(月)
美しい名作椅子たち

12月2日(月)
ヨーロッパの宮殿と装飾 Part2 

2019年10-12月期 アンティーク講座

* AEAOサロン倶楽部

ワンショットで集い、学び、楽しめるサロン形式の講座です。
毎月1日に翌月のサロンの申し込みをスタートしています。

9月:
9/16(月・祝)「コンドルが建てたお屋敷へ行こう!」*残席1

10月:
10/27(日)「チェコの可愛いデザインを求めて ~ミュシャ、チェコ・キュビスムからチェコ・アニメまで~」

以降は今後のサロンの開催予定です。詳細が決まり次第HPにてupいたします。お申し込みは前月の1日より行います。

11月(日程未定):
「さようなら原美術館 ~1930年代の洋風邸宅~」

12月(日程未定):
「『リヒテンシュタイン公爵家の至宝展』を知り尽くす!」

12月20日(金)or 21日(土)
「オークションへ行ってみよう!」(*内覧会またはオークション)

1月(日程未定):
「サラ・ベルナール最後の巡回地、松濤にてベル・エポックを偲ぶ」

AEAOサロン倶楽部

* 第5回アンティーク検定講習

講習を受講することにより3級および2級を取得できる、第5回アンティーク検定講習は2020年1月~2月に開催予定です。会場の確保ができ次第、ご案内いたします。

~~~~~~~~~~~~~~


第4回アンティーク検定講習・3級

まだまだ残暑が厳しい東京ですが、8/31-9/1と2日間に渡って第4回アンティーク検定講習が行われました。
 
年に1度の検定試験の日程が合わない方、試験で緊張するより、講習でリラックスしながら学んでいきたい方、確実にディプロマを取りたい方、せっかくなので基礎から学んでみたい方、他の講習参加者とも懇親を深めたい方・・・みなさん受講理由はさまざまです。
 
今回の受講生は7名、うち2名は外国籍の方でした。でもお二人とも日本語での講習は全く問題ないばかりかかなり専門性の高い知識を有しています。日本人受講生も負けてはおらず、古物商を営んでいる方、膨大なカップ&ソーサーのコレクションをされている方、美術検定の最上級資格を持っている方、みなさんモチベーションの高い方達ばかり。
 
第1日目は、「アンティーク」の定義、その意味、類似した言葉の使い方、そして西洋美術史を基本とし、家具様式や服飾・宝飾様式などを学びました。
 

2日目は陶磁器とガラスについて。その種類、歴史、見分け方、特徴、評価額をざっとパノラマ的に。
 
そして見学は「みんなのミュシャ」展。日本でなぜ何度も手を替え品を替えミュシャ展が開催されるのか、ミュシャ財団の所蔵品にどのようなものがあるのか、ミュシャから影響を受けた日本の漫画家たちの作品までもを含めた「みんなの」ミュシャ。会場は会期終了間近との日曜午後とあってかなり混んでいましたが、充実した展覧会だったと思います。
 

 

2日間の集中講習の最後は、カフェ・ドゥ・マゴでアフタヌーン・ティと共にいよいよディプロマ授与。全員全単位を取得、無事ディプロムが授与されました。
 

受講生のみなさま、2日間お疲れ様でした。
 
次回の第5回アンティーク検定講習は、2020年1月を予定しています。
 


パピエ・マシェ、漆に憧れて生まれたヨーロッパの工芸品

8月のAEAOサロン倶楽部は、「パピエ・マシェの世界」でした。日本ヴォーグ社発行『手づくり手帖』Vol.20(早春号)に詳しい記事が掲載されていますが、本誌の創刊編集長にして当記事の執筆者でもあり、また素晴らしいパピエ・マシェのコレクションを所有されている小山ひろ子先生による直々の渾身のレクチャーをご披露いただきました。
 
 

アンティーク界の人以外は耳慣れない言葉かもしれません、「パピエ・マシェ」とはフランス語の文字通り、マシェ(咀嚼された)のパピエ(紙)、英語ではペーパー・マッシュと言います。マッシュポテトでおなじみの「マッシュ」。

果たしてこの技法がなぜある時期、爆発的にヨーロッパ、とりわけイギリスで流行り始めたのか、そのルーツは何だったのか、どんなものが作られたのか、どうしてこの素材に魅せられたのか、やがて下火になっていく原因は何だったのか・・・1時間ではとても消化しきれないヴォリューミーな内容をテンポよくリズミカルに説明してくださる小山先生。
 
このサロンのためにご自宅より重い秘蔵品を私たちのためにお持ちいただき、博物館級の作品を惜しげもなく触らせていただきました。見事な針道具セットは、たとえお裁縫をやらなくても側にあるだけで優雅な気分になれる逸品ですし、また愛らしい小物のボタンやメガネケースなども見せていただきました。
 
レクチャーで印象に残ったのは、英国訪問中、デザイナーのアレキサンダー・マックイーンが買う予定になっていたパピエ・マシェのチェストを小山先生がアンティークショップのガラス越しに目をつけて、売主のディーラーとお話されたというお話。将来の持ち主になる予定だったマックイーンは購入前に自殺してしまったそうで、そのショップに展示されていたのだそうです。お値段はというと、一流のデザイナーが購入予定のものとあってかなりの高額、流石に代わりに買って日本に持ち帰るわけにはいかなかったとか(笑)。お金があっても美の目利きにはなれませんが、いいものはやはり高いのですね、現代においても。
 
 


マイセンと動物ものがたり

7/21(日)に7月のAEAOサロン倶楽部が開催されました。パナソニック汐留美術館で開催中の「マイセン動物園展」を鑑賞するに先立ち、近くのパークホテル東京内にあるフランチレストラン「タテル・ヨシノ・ビズ」にてプレ・レクチャー。夏の蒸し蒸ししたしんどい季節も、さわやかなスパークリングワインと美味しいお料理で、少しは元気になりますね。

(ちなみにお料理はこんな感じ。)

マイセンがヨーロッパで最初に磁器の焼成に成功したのは周知の事実ですが、そもそも18世紀初頭、なぜそれが文化芸術の中心であったヴェルサイユとは程遠いマイセンだったのか、「アウグスト・バロック」と呼ばれたアウグスト強王の『磁器病』はどの程度だったのか、絵付け師ヘロルトや成型師ケンドラーの才能はどんなものだったのか…そんなお話をしながらみなさんでお料理に舌鼓を打ちました。

今回の展覧会はよくあるテーブルウェアではなく、動物がテーマです。動物が器に加飾される多様性、メナージェリと呼ばれる宮廷動物園の計画による動物や鳥の磁器彫刻の歴史は、マイセンの初期から始まっていました。またマイセンの代表シリーズ「スノーボール」に付加された動物や鳥の見事な磁器彫刻も見ることができました。

しかし何と言っても今回の展覧会の「動物園」は、アール・ヌーヴォー期に花開いた動物たち。この時代には、パート・シュール・パートや釉下彩、イングレーズなどの技法で色彩柔らかな表現で多くの動物磁器彫刻が制作されます。

そしてアール・デコ期には、ベットガー炻器の再現でマックス・エッサーによる多くの動物彫刻があらたに誕生、愛らしい『カワウソ』は1937年のパリ万博にてグランプリを受賞します。

夏休み中の展覧会だけあって子供さんも多く、「あ、かわいい!」「これ怖い〜!」「猫ちゃんだー!」といった愛らしい感想とともに、磁器動物園を存分に楽しめたサロンでした。


旗の台・夏の蚤の市

5月に、旗の台カフェにてポップアップイベント、アンティークフェアを開催いたしましたが、第二弾として、「旗の台・夏の蚤の市」を開催いたします。

7月14日のパリ祭にちなんで、フランスの雑貨、アンティーク、ヴィンテージ品を夏の特別価格にて販売いたします。

また当日は協会代表も在廊しておりますので、海外研修やアンティーク検定講習など、ご質問のある方も、ぜひお立ち寄りくださいね!


第8回アンティーク検定試験

6月30日に、第8回アンティーク検定試験(3級・2級・1級)がお茶の水女子大学にて実施されました。
梅雨時で小雨が舞う中、200名を超す受験者が、年に1度の検定試験に真摯に向き合いました。

3級は、今回より若干問題が易しく・・・はなりませんでしたが、選択肢が4択から3択に変更になったことで、わからない問題を当てずっぽうに解答したところで、正答率が上がるに思います。
そのせいでしょうか、受験終了時間を待たずして、退出可能時間になったら終了・退出する受験者が多くいました。

一方2級と1級は、やはり80分間じっくり考えて、見直して、という慎重な姿勢が見られました。

10代から70代まで老若男女が一堂に会したアンティーク検定試験、次回は2020年に第9回が開催されます。

試験は苦手、という方は、3級と2級に関しては講習コースも受けられます。次回第4回アンティーク検定講習は、8月末〜9月に行われます。


箱根でラリックとサラ・ベルナールに出会う!

6月のAEAOサロン倶楽部は、箱根にて。仙石原にあるラリック美術館にて開催中の「パリ世紀末 ベルエポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」の見学鑑賞を兼ねて、本展の日本側監修者・岡部昌幸先生による見学会です。
 
前泊組、当日の車組・高速バス組などそれぞれの手段で11時に集合、箱根ラリック美術館の企画リーダーである学芸員の浦川佳代子さんがお迎えくださり、ラリック美術館についてのあらまし、特徴などをレクチャー頂きました。
 
そしてカフェ・レストランLYSにて岡部先生によるランチ・セミナー。メニューはサラ・ベルナール所縁の地であるブルターニュの名物・ガレット(スモークサーモンと温泉卵)に、アンチョビとガーリック味の大人のフレンチフライ、鮮魚のカルパッチョ、デザートはいちごのサラ・ベルナールのスイーツと、美味しいとの評判を裏切らないLYSのお味です。
 

 
ラリックの名品がなぜ日本にこれほどあるのか、日本における美術館作りはどんな経路を辿ってきたのか、70年代〜90年代の日本は果たして世界的に美術品愛好国として信頼されていたのか・・・お話は相変わらず右へ左へ揺れつつも、尽きることのないトピックにみなさんメモが離せません。
 
ランチ・レクチャーを楽しんだ後は、見学鑑賞です。ルネ・ラリックのジュエリー、香水瓶、ガラス工芸品、そしてサラ・ベルナール特別展、途中の「サラのサロン」からは、モネの太鼓橋を模した情景がそのまま楽しめます。
 

終了後は自由解散となりましたが、箱根マイセン・アンティーク美術館を訪ねたり、ポーラ美術館を駆け足で巡ったり、渋滞前に箱根を脱出したり、とそれぞれの大人の遠足を楽しんだ6月初旬の箱根。まだ暑くもなく寒くもなく、気持ちのよい日でした。


 

 


読書会第5回 美しいフランステーブルウェアの教科書

まだ5月の下旬というのにいきなり真夏になってしまったこの日、「美しいフランステーブルウェアの教科書」の第5回読書会が行われました。今日の章は「LES VERRES(ガラス)」、暑い日でも涼しげなガラスのお話です。

ガラスの原料、ガラスの歴史、ヨーロッパ各国でのガラスの覇権の流れをざっとおさらいし、テーブルに登場する食器としてのガラス製品であるボトル、カラフ、ピッチャー、ゴブレ、タンバルなどの特徴を図版や教科書の画像で学びました。

ガラスならではの装飾、カット、グラヴィール、アシッド・エッチング、サンド・ブラスト、オパリン、被せガラス、エナメル彩、金彩・・・美しい装飾が施されたガラスは、何も入れなくても美しいものがたくさんあります。

参加者のみなさんが持ち寄ったコレクションの鑑賞会もいつものように楽しく行いました。


ウィーン世紀末のグラフィック

5月のAEAOサロン倶楽部は、ウィーン世紀末とウィーン工房の世界に浸ってみました。

 
今年2019年は日奥修好150周年の年でもあり、ウィーン本家から多くの作品が日本へやってきています。国立新美術館の「ウィーン・モダン」展、東京都美術館の「クリムト展」が現在開催中、そして秋には「ハプスブルク展ー600年にわたる帝国コレクションの歴史ー」が国立西洋美術館にて開催されます。
 
そんな中、当サロン倶楽部で訪館したのは、目黒区美術館で開催されている「世紀末ウィーンのグラフィック」展、鑑賞に先立ってのミニ・レクチャー会場は、目黒川沿いにひっそりある隠れ家イタリアン「ラ・ルーナ・ロッサ」の個室。なんだか秘密基地のような世紀末風のお部屋で、美味しいイタリアンに舌鼓を打ちつつ、みなさんでウィーン話で大いに盛り上がりました。

 
腹ごなしの散歩の後に辿り着いた目黒区美術館では14時より関連企画で、山之内克子先生による講演会「世紀末ウィーンの社会と文化」がありましたが、私たちが到着した時点では「整理券配布はすべて終了しました」の文字。もう配布と同時に定員に達したそうなのですが、なんと直前になってラッキーなことに整理券のない希望者も補助椅子で聴講できることに!サロン参加者全員が潜り込んで、素晴らしいお話を聴くことができました。
 
ウィーンの伝統的な文化とは、ウィーンの19世紀、分離派が誕生するまでの社会や生活はどんな感じだったのか、歴史主義がなぜ興ったのか、ウィーンにおけるビーダーマイヤー様式とはなんだったのか、新しいウィーンの建築様式はなぜその建物がその様式で建てられたのか・・・これまでなんとなく漠然とスルーしていた事象が系統立ててつながり、おかげでウィーン分離派やウィーン工房の成り立ちやレゾンデートル、世紀末の退廃美の誕生などが理解できました。
 
展覧会場は1枚1枚眺めていくと、あっという間に時間が過ぎてしまう充実ぶり。ファインアートとは違う、日常生活に関わるグラフィックの新たなデザインの魅力にどっぷり浸かった展覧会です!


 
本サロンはこじんまりと数名限定で募集したため、あっという間に定員に達してしまいましたがキャンセル待ちの方も多く、第2弾を開催することになりました(こちらもすでに満席です)。秋にはハプスブルクにちなんだテーマで、また何か行いたいと思います。