タータンとチェックは違いますゾ!

1月のAEAOサロン倶楽部は、「多彩なる魅惑の装飾・タータンの世界」と題し、タータンについてみなさんで学びました。今日の集まりのドレスコードは、何かしらタータン(と思しきもの)を身につけてくる&持ってくること。みなさんさりげなくタータンのマフラーやショール、ハンカチなどをチラチラさせています。
 
第一部はカフェの個室にて。タータンのレクチャーをしていただくのは、タータン最大手、スコットランド・ロキャロン社・日本代表の綱島実先生。スコットランド国際開発庁や日本スコットランド協会とも長年にわたって親交のある、タータンのスペシャリストです。
 

プレ・レクチャーでは多くの生地見本を実際に見せていただきながら、タータンの歴史、イギリスの歴史と共に、タータンとはなんぞや、というアウトラインを教えていただきました。
 
そして綱島先生から参加者全員へプレゼント、日本とスコットランドのフラッグをあしらったピンズです!このサロンの参加者のために、わざわざ日本スコットランド協会から都合していただいたのです。
 
お茶とチーズケーキ付きのプレ・レクチャーの後、第二部は、駅をはさんで反対側にある三鷹市美術ギャラリーへ。迎えてくださるのは、主任学芸員の富田智子さん、本展覧会に並並ならぬ情熱をもって準備に臨み、自らスコットランドまで乗り込んでいったという方です。私たちのために、本展覧会の解説を入場前にしてくださいました。
 
会場内は、あっちもタータン、こっちもタータン、でもタータンの意味や、由来、背景を知った後では、真剣に見入ってしまいます。さきほどのプレ・レクチャーで聞いた「ディストリクト・タータン」「ジャコバイト・タータン」といった言葉の解説もおさらいしながら、展示品をゆっくりと鑑賞することができました。
 
格式高いタータン柄からカジュアルなグッズまで、展示品も多岐にわたっていて、とても楽しい展覧会です。
 
最後に、学芸員の富田さん、綱島先生とみなさんでの記念撮影!


 
 


フランステーブルウェアの教科書・第1回読書会

3連休の最終日は、AEAOサロン倶楽部での読書会第1回でした。
「フランステーブルウェアの教科書」(2018年12月 パイインターナショナル社より発売)を章ごとに読み解いていきながら、あれやこれや集まって話をする会の第一弾です。

読書会、初回はご祝儀会なのか、1ヶ月も前から申し込み予約が相次ぎ、満席でキャンセル待ちの方が多く出てしまいました。会場の定員人数が限られていてどうしても増やせないことから、キャンセル待ちの参加希望者の方、この度は申し訳ございませんでした。


 

定員ぎっしりで集まった会、まずは「フランステーブルウェアの〜」ということで、フランスの歴史の復習を。ルイ14世以降はなんとなくわかるのですが、「ではルイ14世の前は?」「ルイ13世」「ルイ13世の前は?」「ルイ12世」「ブーッ!!」ということで、ブルボン朝は誰からスタートしたのか、その前の王朝はなんだったっけ?と、ルネサンス以降のフランスの王様の顔ぶれから入ります。

そして初回の章、「テーブルの装い方」。いわゆるテーブルコーディネート、テーブルデコレーションと言われるものですが、いつからどのような形で発展してきたのか、昔からフランス料理は今のように一品一品気取って食べていたのか、テーブルの上に置かれているオーナメントはどんな意味があったのか、食器はかつてどんなものを使っていたのか、テーブルクロスとかナプキンはどうなっていたのか、カトラリーの並べ方は?グラスは?そんな謎解きをしつつ、カタカナの、聞き慣れない言葉、「アナップ」、「トランショワール」、「エキュエル」、「ネフ」、「ドルマン」・・・などについて想像していきます。

あまりに時代が遡りすぎると想像力も映画の世界になってしまいますが、19世紀、20世紀くらいになると、「ああ、あれか」と想像がつきやすくなる、テーブルウェアの世界。来月より、陶磁器、銀器、ガラス、といよいよアイテム別に突っ込んでいきたいと思います。


第3回アンティーク検定講習・3級

新年早々の3連休でしたが、1/12-13と第3回アンティーク検定講習・3級が行われました。検定講習は検定試験と同レベルの内容を、複数の講師とともに集中講座で学び、理解し、級を取得するシステムです。検定試験に向けて独学で勉強するよりも、仲間と一緒に学べる、疑問に思っていたことを質問できる機会がある、落ちるかもしれない試験を受けなくても確実に級が取得できる、とメリットもある一方、80%の出席が必要で、お仕事をされている方などは週末をまるまる講習に充てなくてはなりません。
 

今回はその検定講習に、あるアンティーク・ショップのスタッフさん全員が研修でご参加いただき、また地方から上京して泊まりで受講されるモチベーション高き方も何名かいらして、定員10名・満席での講習会でした。
 

初日は東京で初雪を観測した寒さ、会場はもちろん暖房がありますが、やや寒い中で終日座学の講座。アンティークの定義や、古物の関税法、装飾美術様式と美術様式の関連、宝飾・銀器などについて学びました。
 

2日目は陶磁器に関する区分のお話、そしてオークション会社の社員の方による、昨今のマーケット事情や世界のマーケットの流れや行方などの解説、そしてハイライトである午後の課外授業では本検定監修者・岡部先生の解説による赤坂離宮迎賓館を見学、室内装飾や建築様式を一緒に見て回り、最後にニューオータニ内のカフェにて授与式、晴れて参加者全員が3級のディプロマを手にしました。


 

 

 

検定講習は一気に講座のシャワーを浴び続けるため、ちょっと頭の中の整理が必要ですが、すぐ後に過去問を解いてみると、あら不思議!全問答えられるほどに理解できる内容です。
 

試験で実力を試すもよし、講習でとことん納得し理解して級を取得するもよし、3級と2級はどちらでもチャンスがあります。
 

1月後半からは、2級の検定講習が行われます。
 
 


新潟日報「おとなプラス」にて取材

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、昨年末に、新潟日報社の夕刊版「おとなプラス」に、西洋アンティークに関する記事が掲載され、当協会も取材を受けました。

報道部の佐藤直子さん自身もアンティークのコレクターとあって、アンティークの世界に入るまでの心情や、魅力の愉しみ方などを記事にまとめてくださっています。ご一読ください。


美しいフランステーブルウェアの教科書と、12月のサロン

 ブログをしばらくサボってしまいました。というのも、新著「美しいフランステーブルウェアの教科書」(発売:パイインターナショナル)に向けて、11月は最後の追い込みに必死だったのですが、ようやく本書が今月上旬、発売されたのです。
 

「美しいフランステーブルウェアの教科書」
 
 
 
 
 そして今日は、出版記念を兼ねた12月のAEAOサロン倶楽部を、銀座シェ・トモの個室をお借りして行いました。個室のキャパシティが限られているため、何名かのキャンセル待ちの方にはご参加いただくことができず、大変申し訳なく思います。
 
 このお店は何をいただいても美味しいのですが、スペシャリティと称される、有機自然農法の野菜たちのプレートは、まさに野菜の宝石!毎日その日の新鮮なお野菜で構成されるのでしょう、メニューにはこのように日付が入っています。

 
 

 12時からスタートした会も、5品の美味しいお料理とワインと楽しい会話で、あっという間に15時を回ってしまいました。

  
 
 
 1月より、本書を章ごとに読みほどきながら、あれこれ言い合う「読書会」が開催されます。こちらもワンショット形式で、毎回お好きなときにご参加いただけます。現在1月、2月はすでに満席となっておりますが、3月以降の読書会は来年早々にupいたします。お気軽にご参加くださいね。
 
 


ミュシャ展、フラゴナール美術館、そしてドーム・デュ・マレ

 5日目、いよいよ研修も最終日になりました。
 今日はリュクサンブール美術館のミュシャ展見学からスタートです。
 ベル・エポックを代表するポスター画家、ミュシャの展覧会は本研修のテーマにぴったりなのですが、フランス人にも大人気なため、連日長蛇の列、予約をしてある我々のグループが入館したときには、もう人息ムンムンの状態でした。
 
 


 
 その後、ちょうど近くのサン・シュルピス広場で開催されているアンティークマーケットを散策、お昼ご飯返上で、マーケットに繰り出す研修生。このマーケットは場所柄(サン・シュルピス広場は、カトリーヌ・ドヌーヴも住んでいる高級エリアなのです)やはり質の良いもの、すなわちお値段もそれなりの一級品揃いですが、研修生たちもそれなりに場数を踏んできており、交渉もお手の物。みなさん良いものを買われたり、あるいは目の保養をたっぷり楽しんだりしていました。
 

 午後はフラゴナール香水美術館にて香水や香水瓶の歴史を解説していただきました。フランスに来ると香水の匂いがあちこちでする、のは本当で、それはなぜなのか、どんな香水がどんな時代に発達したのか、香水の三要素とは?香水はどこにどうつけるのが正解?といったことを、ベテランのガイドさんにお話いただきました。
 
 


 
 夜のカクテルディナーは、ドーム・デュ・マレへ。ちょっと分かりにくい場所ゆえ迷った方もいらっしゃいましたが、「隠れ家」度のかなり高い場所です。そもそも開いている時間より開いていない時間の方が多いという、知る人ぞ知る、なレストラン。ここは元オークション会場だった場所で、18世紀末の建物、クーポールが美しい素敵な空間です。その昔、今の厨房の場所にオークショニアが控えていて…なんて解説を聞きながら、美味しいお料理をいただきました。お料理は現代風で洗練されていて、とても優雅な最後のひと時を、研修生のみなさんと一緒に。
 
 
 

 全員がディプロマを取得、楽しい5日間の研修が終了しました。
 
 


サザビーズにてプレヴュー、マルモッタン美術館、ギマール散策

 4日目。今日はパリのサザビーズにて、昨年亡くなったピエール・ベルジェ・コレクションのプレヴューに。イヴ・サン・ローランのコレクションの大々的なオークションは2009年にグラン・パレにて開催されましたが、今回ベルジェのコレクションもプレヴューは5日間、オークションは3日間に渡って開催、注目を集めているのは間違いなし。
 

 プレヴューは誰でも入れるとはいえ、美術館ではないので予約をすることは不可能、入場に長蛇の列も予想されたので、初日の朝10時、オープンと同時に入ることにしました。この時間の研修は一応「自由時間」、希望者のみ参加ということにしていましたが、向学心あふれる全員が参加。私たちが集まっていると、すでに扉の一番前にいたマダムから「私は朝3時に起きて、南仏から来たのよ」と!
 
 


 

 今回ベルジェのコレクションの見ものはジェリコのコレクション、そしてヴァニタス。プレヴュー会場は、そこんじょらの(お金のない)美術館の展示とは比べ物にならないセノグラフィーの素晴らしさに圧倒です!
 
 


 

 午後はマルモッタン美術館にて、アンピール様式の家具や室内装飾、そして印象派の作品がなぜこの美術館に集まったのか、などを学び、近くのギマール建築散策へ。
 
 
 

 今回もカステル・ベランジェの扉の前で説明を展開していたら、住民の一人と思われるマダムが「わざと」扉を開けて、閉めるのを忘れたフリをしてくれました。「入ってよろしいのですか?」「出るときに閉めてね(ウィンク)」!運が良いです!
 
 


 
 明日はいよいよ最終日です。
 
 


もう1つのアール・ヌーヴォー、ブリュッセルへ

 今回のテーマの1つ、アール・ヌーヴォーはフランスではパリとナンシーで花開きましたが、フランス国外でも同様の運動は各国で同時多発的に発生しており、とりわけ建築分野ではブリュッセルで顕著に現れていました。
 

 というわけで、Maison Hortaオルタ邸を外すわけにはいかず、建築といえばMaison Van Buurenヴァン・ビューレン邸も見たい、でもサブロン界隈のアンティークギャラリーも周りたいしジュ・ド・バルの蚤の市も…と欲張ると、とても1日では足りないのですが、研修生のみなさんは小便小僧もグランプラスも王宮も、そんな一般の観光地には興味がなく、この研修にふさわしいところにたとえ駆け足でも行きたい、という要望が強く、欲張ってすべて希望通り制覇しました。
 

 ブリュッセル在住のガイド協会に所属している日本人ガイドさんが手際よくアレンジしてくださったおかげで、美味しいムール&フリットのレストランも堪能し、楽しい1日でした。
 
 
 


 


 
 今回はタリス1等車、もれなく食事が付いてくるのですが、これがなかなか美味しいし、サービスも手際よく笑顔付き、乗車前には特別のラウンジも使えて、とても「パリ北駅発」「ブリュッセル南駅発」(どちらも治安に問題のある地区!!)とは思えない快適なエクスカーションでした!
 
 4日目に続きます。
 
 


2日目はマキシム美術館と、プティ・パレへ

 2日目。朝夕の気温はぐーんと下がりましたが、よいお天気です。

 午前はマキシム美術館をプライベート見学。(現在のシステムでは20人以上のグループでないと見学できないのを、今回学芸部長エレーヌ氏の好意により特別に解放していただきました。)1階のレストラン、2階のバー、3階の18世紀のヴェルサイユの宮廷を再現したホール、そしてその上にある、ピエール・カルダン・コレクションである、アール・ヌーヴォーの数々の家具工芸品。ロワイヤル通りを通る人はここがレストラン・マキシムだとは知っていても、まさか上階に18世紀風のホールやコレクションがあることはほとんど知られていません。
 
 フランスのクチュリエの美のセンスは当然アートにも向けられており、それゆえアート・コレクターが多いことでも有名ですが、ピエール・カルダン氏は、まだアール・ヌーヴォーが美術史から忘れ去れていて、再び注目をされる前からアール・ヌーヴォーの素晴らしい美術品を収集していて、その審美眼はさすが一流のクチュリエならでは、です。
 
 

 研修生から出た質問が盛り上がり、「フランスの歴史はディアンヌ・ド・ポワチエの時代から現大統領まで、すべてクルティザンヌによって作られている」という話に発展したところでお昼となり、グラン・パレのお隣にあるシックなレストラン、mini-palaisへ。どこかのCMではないですが、天井が高い空間での食事はやはり気持ちがよく、たっぷり2時間かけて腹ごしらえをした後は、通りを渡ってプティ・パレへ。
 
  
 

 以前の研修時に訪問した時とはすっかり展示品も入れ替わっており、今回のテーマ、ベル・エポックにふさわしい作品群を、絵画から工芸品まで、アンヌ・コリヴァノフの解説で回りました。ジョルジュ・クレランのサラ・ベルナールの肖像画はやはり素晴らしいですね!
 
 3日目に続きます。
 
 


2018秋・海外研修がスタート!

 2018年秋「パリ・ブリュッセル海外研修」がスタートしました。
 今回のテーマは『ベル・エポック』です。
 この表現は美術史用語ではなく、社会現象を指す言葉で、文字通り『美しき時代』。ヨーロッパが世界一キラキラしていた古き良き時代を、後世の人々が懐かしむ意味で、後から使われた表現です。
 
 日本では第二次世界大戦が大きく社会を揺るがした戦争でしたが、ヨーロッパでは第一次世界大戦で国土が戦場となり、19世紀的ブルジョワの没落など、社会が一変しました。19世紀末よりその第一次大戦までを『ベル・エポック』と呼び、この時代の芸術を辿ろう、というのが今回の研修のテーマです。美術史的には、印象派、象徴主義、ナビ派、ジャポニスム、アール・ヌーヴォーなどが含まれた時代ということになります。
 
 1日目・午前は、顔合わせ&ウェルカム・コーヒーで、「初めまして」の方ともみなさん意気投合したところで、ベル・エポック時代の建築、室内装飾、絵画、彫刻、ガラス、銀器、陶磁器、宝飾品についての概要講座をアンヌ・コリヴァノフより受けます。
 
 
 
 
  

 ランチはフリーですが、全員一致で、近くのアール・ヌーヴォー内装で有名なブラスリー・シャルティエにて。ここは味的には伝統的ブラスリー、いわゆる今風のレストランではないのですが(日本人の舌には合わない人もいるのでは・・・)、フランス人の前世紀のおふくろの味っぽいのが評判なのか、フランス人には大人気で、予約を取らないため、いつも列ができています。
 
 
 
 午後はオークションハウス・ドルーオーの見学、パサージュ散策(途中でA la Mère de Familleという、美味しいショコラのお店でお買い物もして)、そして、サントゥワン蚤の市の高級マーケット「ビロン」にもスタンドを持つ、アール・ヌーヴォーのガラス専門老舗ギャラリー・トルビオンにて店主より実践講義を受けました。パリのアール・ヌーヴォーの専門家たちがみな推薦するこのギャラリーの店主ブリオ氏の熱烈なサービス講義に、研修生は熱心に質問をしつつ、ミュージアムピースを実際に触らせてもらいながら、鑑定方法を学びました。
 


 


 

M. Bourriaud, Galerie Tourbillon


 

 今回の参加者はほとんどフランス語がわかる人たちなので、通訳の説明が再確認となり、非常に濃い内容の研修となっています
 
 2日目に続きます。