投稿者「antique-kentei」のアーカイブ

第9回アンティーク検定試験が行われました

7/5(日)に第9回アンティーク検定試験が行われました。今回はコロナ禍の中、会場試験ではなく初のオンライン試験となりました。

オンラインということで躊躇した方もいらっしゃった一方、主に地方在住者にとってはわざわざ東京まで行かなくても自宅で受験できるというメリットもあったのでしょうか、最終的に受験志願者数は過去最高となりました。この数には、今年に限り大学生・大学院生の受験料の無料措置による恩恵もあったかと思いますが、これまでは大学生の受験者は数校で見られましたが、今年は二桁に上る数のさまざまな大学の学生がトライする結果となりました。

オンラインと紙ではどのくらい受験時の思考に差が出るのか、といったことは多くの研究機関がまさに研究段階にあるようですが、ざっと結果を見た限りでは、合格基準点に達する比率などは通常年とあまり変わらないようでした。論述のみの1級で大きな差が出るかとも思いましたが、逆にこちらでは普段紙に文章を書く習慣が薄れているためか、パソコン入力により誤字なども減り、結果としてはプラスに働いたように思えます。

いずれにしても、受験者側も初めての試みで過去に例のない中、今回出願し受験されたモチベーション、向学心を高く評価したいと思います。

結果につきましては8月以降、順次お送りしていきます。
本試験は学校の成績のような相対評価ではなく、絶対評価です。今回の試験で多くの受験者が合格していることを祈っています。

また来年2021年はアンティーク検定試験・第10回を迎え、検定のあり方を大きく見直すプロジェクトが進行中です。そもそもこの試験は、知識を詰め込んで記憶することを目的にしてはいません。そうはいっても正しい知識がないままモノを見ることもできませんので、3級・2級は主に正しい知識をインプットして、西洋装飾美術の世界を体系的に理解するという基本を身につけ、1級ではすでに得た知識をどうアウトプットしてモノを見ていくか、というベクトルでモノの見方を身につけていく方針に変わりはありません。

どのような形式になるかは外部の有識者などの意見も取り入れ、来年早々には発表したいと思っています。また本検定試験の合格者に対し、認定をより公式なものにするためのステップも進行中です。

尚、2級までは試験ではなく講習でも取得できます。第6回アンティーク検定講習は、緊急事態宣言などが発令されていない限り、今秋人数を制限した上で実施の予定です。詳細は近々発表いたします。


第9回アンティーク検定試験はオンラインで!

コロナウイルス感染拡大の影響はあらゆるところで広がっています。
本協会も3月の海外研修を延期として以来、すべての活動が休止に追い込まれておりますが、7/5にすでに会場も予約済みの年に1度の第9回アンティーク検定試験をどうするか、随分といろいろ議論を重ねてまいりました。そして結論として、今回初のオンライン試験を実施することと致しました。
 
他の検定試験の動向も注視していましたが、3月以降多くの検定試験が中止、延期となっています。検定試験は会場に多くの受験者が集まり、また一定時間部屋の中は密室となります。窓を開けて行えば外の音も聞こえて集中力も散漫してしまう…決してこの時期優先して行うことではない、そう考えた多くの検定試験主催団体は中止や延期を発表しています。
 
アンティーク検定を予定していた会場も、東京都内の大学の教室です。大学の授業ですら行われていない中で今回の検定試験を実施するのは無謀だと判断し、会場試験を見送ることといたしました。
 
時期を延期することも検討しましたが、ポストコロナはある日を境にウイルスが絶滅して危機がゼロになる、というものでもなく、当面は「新しい生活用様式」でウイルスと共存していかなくてはならないようで、そのタイミングも難しそうです。
 
アンティーク検定は講習で取得することもできますが、年に1度の試験を目指している方も多く、また1級は試験でしか取得できません。丸々1年延期してしまうと予定が狂ってしまう受験者もいらっしゃることでしょう。
 
そこで、今回初のオンライン試験を実施することとなりました。すでに小学校でもスタートしているオンライン授業、日本も他国に比べて若干遅れているようではありますが、徐々に教育機関ではオンライン化に移行していますので、普及するのも時間の問題でしょう。
 
試験をオンライン化するには多くの課題があり、また受験者側でも不安な点などあるかと思います。試験問題が送られてこない、突然ネットが繋がらなくなってしまった、変なところを押したら解答を送信してしまった…このような不測の事態への対応策も事前に考えておかなくてはなりません。
 
でも何が起きるかわからないのは世の常、確か2年前のアンティーク検定の日も、西日本の豪雨で試験のために上京できなかった受験生がいらっしゃいました(翌年、振替受験となりました)。会場試験でも台風やら豪雨やら、不測の事態の可能性はゼロではありません。そう考えるとオンライン試験も同じです。
 
逆に良い面を考えれば、これまで東京のみで開催されていた試験が地方に居ながらでも受験できます。交通費もかかりません。当日受験票をうっかり忘れて守衛さんに会場に入れてもらえず試験を受けられなかった、ということもなくなります。また緊張に弱い方などは、ご自宅でリラックスした環境で試験が受けられます。そう、良い面だってあるのです。
 
オンライン試験に関するFAQもこれからupしていきます。
今年はオンライン試験元年ということで、受験者のみなさまも是非トライしていただければと思います。


2020年春・公式海外研修は延期に

本来なら本日スタートの2020年春の公式海外研修、現況下で実施することは当然できず、秋に延期となりました。
 

 
コロナウイルスが日本で騒がれ始めたのは1月、それは中国・武漢で発生した地域伝染病と言われており、中国のお正月である春節に多くの中国人観光客が日本に来るから日本も対策をしないと危ない、とすでに防疫体制は敷かれていたものの、この時点では世界が現在のような状態になっていくとは誰が想像できたでしょう。日本では春節の観光客目当てに商売をしていた人たちが経済危機を訴える声の方が、健康の心配をする声よりも大きかった気もします。
 
当研修は現地集散型で行うため、旅行会社の役割は担っていません。しかしほとんどの参加者は飛行機に乗って海外へ行って参加するわけですから、その部分も含めて現地側のフランス人スタッフ、日本人スタッフ、関係者らとは常時協議を重ねてきました。東洋人の差別はどういう状況なのか、中国人観光客の減少によってどんな変化が起きているか、ヨーロッパにおける検疫や医療の状況はどうなのか…。
 
ニュースというのはニュースになるほど大げさなことだけがクローズアップされますので、例えば東洋人の差別はそこかしこで行われているのか、それとも心無い一例だけが事件となってニュースとなっているのか…せっかく大枚をはたいて海外に行って学びに行くのですから、嫌な思い、不快な思いをするとわかっていて出かけたくはないものです。
 
日本でのニュースは情報が操作されたり偏りがちだと言われていますから、フランス語、英語でのニュースも毎日追っていました。この時期は実に多くの情報収集に精を出し、現地に住んでいる人よりも詳しくなっていた気もします。
 
研修参加の締め切りはスタート1ヶ月ちょっと前の2月15日。直前での申し込みもあったりでこの時点では参加者もみなさん行く気まんまん、ただ普段より健康に注意してちょっと気を引き締めておかなくては、程度だったと思います。またヒアリングしている限りでは現地情勢もそう混乱はなく、むしろお得意のデモやストが期間中に起きはしないかという方が心配でした。黄色いベストの運動も相変わらず続行していましたし、12月からのストの余波も多少残っていましたから。
 
ちょっと風向きが変わったな、と感じ始めたのは2月後半、ダイヤモンド・プリンセス号が横浜港に停泊していたこともありますが、日本の感染者が100人を越し、ヨーロッパでも感染者が次々と確認され始めました。そして2月末にはイタリア北部が大変なことになっていきます。
 
やがて2月末には日本で学校が一斉休校になり、大規模イベント、文化活動の自粛要請がされていきます。
 
この時点でもまだ研修地フランスは「安全圏」とされており、外務省の渡航に関する規制は何も出ていません。渡航制限も入国制限もされてはいないものの、我々日本人が快く受け入れてもらえないのでは、という心配の方が先立ちましたが、受け入れの講師陣らからは、楽しみに待っているから、と。パリでは一大イベントであるパリ・ファッション・ウィークも予定通り開催されています。
 
参加者のみなさんへのアンケートでも「せっかく予定、準備しているし、行けるのであれば行きたい」派が「場合によっては中止もやむを得ない」派よりも多勢でした。すでに予約済みの航空会社やホテルなども「中国からの渡航者なら払い戻し可能」という感じで、日本人が特に渡航を制限されているケースはありません。
 
訪問地の最終調整をし、すべての手配を整えた3月上旬、ヨーロッパが大きく戦況が変化していきます。ルーヴル美術館のスタッフが、「自分たち労働者の安全が守れない限りは開けない」とストをし3日間クローズ、やがて5000人以上の集まり禁止が1000人に、そして100人に…。私たちの研修は講師やスタッフを入れても10名未満、団体というよりは小グループですが、ちょっとこれは先行きが危なくなるかも、と楽観視してはいられなくなりました。
 
実施場所が海外だけに少なくとも開始日の2週間前には決定をする必要があり、連日現地スタッフらと多視点から協議、検証していましたが、最終的には決定日の前日になってようやく、今回は大事をとって時期を延期にしよう、という結論に至りました。
 
まだこの2週間前の時点では決行するという可能性もあったのですが、以降日に日に急速に事態が悪化していき現況に至っていますので、この時の判断に関しては本当にギリギリセーフという感があります。
 
3月24日、予定では朝10時からウェルカム・コーヒーを楽しんだ後、「建築と室内装飾様式に関する概論」「19世紀のブルジョワ宅にみる室内装飾とオブジェ」の講習が行われるはずだった地のパリでは外出禁止令が出ており、一斉休校は最悪新年度が始まる9月まで続くかもしれないというニュースも。地域によっては夜間完全外出禁止となっているところもあり、戒厳令が敷かれています。
 
世界中でこの感染が一刻も早く終息し、そして本研修が無事実施できる日を願って。

P.S. 手を洗いましょう!!