月別アーカイブ: 2019年10月

7人の陶磁絵付け師が誕生!

研修3日目。
今日の午前中はフリーです。有志のみでサン=シュルピス広場で開かれているアンティーク・フォワールへ。

このサン=シュルピスのフォワールは、場所柄もあり品物の質の高さで有名です。青空市であってもテントが設置され、ほとんどのものはショーケースに展示されており、一流のアンティーク品。お値段もそれなりですが、最近ではカード端末機を備え付けてある店も多くなりました。
11時のオープンと同時に入り、まだスタンドが開店準備をしている中、早速物色し始める参加者たち。やはり今回はテーマがテーマだけに陶磁器に目が行きやすく、「あ、ランブルカン文様」「あ、セーヴル、この時代は軟質磁器だ」と、もうみなさんかなりの目利きに。

午後は、ジアンの絵付け体験です。
陶磁器の絵付け、顔料がどうの、文様がどうの、やれこれはプリントだ、これは手描きだ、と座学でいろいろ学びましたが、実際に手描きで絵付けをしたことがある人はほとんどいません。というわけで、今日は陶磁器の絵付けというものを実際に体験してみます。

日本語が上手でジアンで研修をしていたソレンヌ・コラによるジアン工房の説明をまずは伺います。
ジアンは19世紀になってイギリス人がフランスに開いた窯で、ルーアンのような錫白釉陶器ではなく、ファイアンス・フィーヌと呼ばれる精陶器。白い土を使い、なんと少量ながらも磁器に使用されるカオリンが含まれています。多くのファイアンス・フィーヌの窯が20世紀も終わりになって次々と閉窯していく中、ジアンは今でも素晴らしいテーブルウェアや鑑賞陶器を製作し続けています。

いよいよ絵付け体験。実はこのアトリエ、自由に絵付けをするのではなく、あらかじめ輪郭が白磁にプリントされている、「塗り絵」でした。
すべての白磁に同じ輪郭が描かれているのですが、使用する色や筆によって、全く違った作品に出来上がります。

みなさん初めてながらも素晴らしい出来栄え、「モネ風」あり「ゴッホ風」あり「水墨画風」あり。

今回のアトリエは元々焼成しない前提で行っているため、顔料にはグアッシュを使用しています。
実際には顔料はブルーならコバルト、黄色ならアンチモア、などと自然の原料を使用し、かつ焼成温度によって色が変わってきますが、今回はこのまま顔料を安定させてお持ち帰り。


研修2日目、ルーアンへのエクスカーション

研修2日目、今日は日帰りルーアンへの旅です。
フランス陶磁の世界でルーアンは非常に重要な製陶地であり、陶磁博物館は外せませんが、他にもモネが連作を描いたルーアン大聖堂、ステンドグラスで有名なジャンヌ=ダルク教会、大時計台・・・ノルマンディの建築も含め、見どころたくさんの魅力溢れる街です。

案内役は昨日の講義の講師、アリーヌ・ジョスラン=コナン。今日のルーアンへの遠足のために、昨日もかなりの時間をルーアン・ファイアンスの説明に割いてくださいました。

今日は全員参加ではなく有志のみの参加としたところ、男性陣は不参加となり、結果「女子会」に。陶磁博物館は午後しか開館しないため、午前は『ブラアリーヌ』。興味深い建築の前で立ち止まっては写真を撮り、面白そうなお店があれば入り、と楽しく散策、圧巻のルーアン大聖堂を見学した後は、ルーアンの古陶磁を扱うギャラリーのプライベート見学。父親の代からルーアン古陶磁を扱う高級ギャラリーのクリスティーヌ・メタが、惜しげも無く作品を触らせてくださいました。

当協会でいつも意識して行っていること、それは「市場の価値を知る」ことです。美術的価値を学ぶと同時に、さてそれはいくらなの?という市場価値を語ることは、日本では研究者はまずしないし、純粋な工芸品に対してお金のことを語るのはよくないこと、というイメージがあります。

ところがヨーロッパの専門家は最終的に評価額を査定するわけで、査定ができて初めて鑑定士と呼ばれます。クリスティーヌ・メタも古陶磁のオークションでは鑑定を担っている専門家。染付のルーアンの大皿2枚を比較して、それぞれの値段と、その値段の違いはどこから来るのか、を非常に詳しく説明してくださいます。

ランチは、ルーアンに唯一存在する5星ホテル内ブラスリーでの美食。ルネサンス時代からある屋敷が紆余曲折を経て、今世紀初頭には某銀行となっていましたが、それが数年前より5星ホテルにリニューアル。外部は「ルネサンスの建物」、内部は「モダンスタイル」の客室やレストラン、SPAとコントラストが見事なホテル。バーの床からは地下のプールが見えるというデザインです!

食後はマルシェで売っていたハート形のチーズ、ヌシャテルをみんなで買い込んだり、ジャンヌ=ダルクの涙のチョコレートと称されるアーモンドチョコレートを買いにショコラティエへ寄ったりしつつ、ようやくメイン見学地の陶磁博物館へ。

ファイアンスの作り方から、ベルナール・パリシーの世界を経て、いよいよルーアン・ファイアンスの部屋へ。真似っこしていた中国磁器やデルフトも同時に展示されており、よく見ないと(よく見ても)どちらがどちらかわからないものも。

ゆるく予定を立てたエクスカーション、途中のショコラティエやらチーズ屋さんやらのショッピングで現行品のルーアン陶磁器のショップへは寄れずでしたが、とても楽しく充実した遠足でした。


2019年秋・公式海外研修がスタート

2019年秋・公式海外研修がスタートしました。

当協会の研修は毎回テーマが定められ、そのテーマを深めるための集中研修となり、「短期留学」の形式を帯びています。講師も解説者もすべて現地の専門家をつけており、美術館鑑賞であってもいわゆる一般の旅行ガイドの解説とは意を異にします。そのため全く基礎知識がないまま参加するとついていけないのではないか、と心配される方もいらっしゃいますが、初日の講義では基礎から通訳付きで概要を学ぶことで、どなたでも参加することは可能です。

唯一の条件は「1人で海外旅行ができること」。海外旅行を一緒にしましょう、というスタンスではないため、自身で旅行の手続きをし、集合日時に集合場所へ集まる、という形式で行っています。

その条件、通常であればフライトとホテルを旅行会社なり航空会社なりで予約して、とそれほどハードルも高くないのですが、今回はスタート日の2〜3日前にかつてない大規模な台風が日本へ上陸。案じていた通り予約していたフライトが欠航になって、変更手続きを余儀なくされた参加者も何人かいらしゃいましたが、みなさんの「意地でも参加するぞ!」の熱意が伝わったのか、全員無事に初日を迎えることができました。

今回のテーマは「テーブルを彩るフランス陶磁の世界」。
第1日目の今日は、午前中にフランス陶磁国家認定鑑定士のアリーヌ・ジョスラン=コナンによる講義、主にルーアンの陶器を中心に、グラン・フーやプティ・フーの焼成と釉薬、絵付けの違い、時代ごとの特徴、市場価格などを学びます。

午後はブラタモリならぬ『ブラアンヌ』、アンヌ・コリヴァノフによるドルーオー会館オークション見学、Carré Rive Gaucheでの陶磁専門ギャラリーやパレ・ロワイヤルに新しく出来たセーヴルのショールームなどを訪ね、初日から充実した研修となりました。