アンティーク検定」カテゴリーアーカイブ

第4回アンティーク検定講習・2級

9月の土日4日間に渡って行われました、第4回アンティーク検定講習・2級が昨日終了しました。

2級を試験で挑戦した方はおわかりかと思うのですが、3級と2級には大きなレベルの差があります。2級を試験で合格するには、4科目(西洋美術史、西洋装飾美術工芸史、外国語、現代時事アンティーク)ですべて基準点をクリアする必要があり、1科目でも落とした場合は、次年度に1回のみ、既に合格した科目の免除が与えられていますが、そこで逃してしまうとまたゼロから受け直しとなります。

ちなみに第8回アンティーク検定試験(2019年・6月実施)の合格率は30%でした。

そこで、そんな難しい試験を受けて不合格になって落ち込むよりは、講習でみっちり4日間集中講座を受けて気持ちよく2級を修了しよう、というニーズもそれなりにあり、今回も7名の方が講習に臨みました。全員全講座を受講し出席率100%、最後に2級のディプロマを手にすることができました。

3級の講習を半年前に受けた方、1年前に受けた方、今回同時に受けた方、さまざまでしたが、みなさん既に3級の知識は有していますので、2級はさらに奥深く踏み込みます。

西洋美術史はに関しては、中世からキュビスムあたりまでの流れを深く切り込み、同時に装飾様式との関連を学びます。また特別な装飾様式であるアール・ヌーヴォー、アール・デコを始め、歴史主義とは、折衷主義とは、といった言葉を大きな建築から小さなジュエリーに至るまで、深めていきます。

そして2級を受験する人はまずほとんどの人が過去問を見て「手も足もでない」と怯える現代時事アンティーク。ちなみに2019年の合格基準では、他の科目が30点満点中20点で合格なのに対して、現代時事は18点と、合格基準を下げていますが、それでもなかなか合格に至らない、受験者泣かせの科目です。この現代時事アンティークのところを、体験談をも含めて興味の間口を広げようと、上野の森美術館学芸課長の坂元暁美先生に解説していただきます。受講生側からの質問も活発に出て、「現代アートとテーマパークはどう違うのか?」「なんでもかんでもアートと呼ぶ現代の風潮は如何なものか」といった有意義な議論にも発展しました。

また2級では実際にモノを見て触っての「鑑定」を行います。陶磁器、銀器、ガラスのそれぞれについて、いきなり自分の目の前に「鑑定物」が置かれ、それらについてdescription(記述)をします。ただ講義を聞くという受動的なスタイルに慣れていると、この能動的な作業に思った以上に「書けない」「わからない」ということが認識できるのですが、そもそも鑑定は記憶から情報を取り出すのではなく、何をどう調べればよいか、さえわかっていればできる作業です。そのノウハウについて学びます。

外国語(英語)も、語学としての英語を学ぶのではなく、特殊なオークション用語や、3次元のもののサイズを表現するのにどの順番で表現するのか、美術館の銘板に書いてあるこの用語の意味はどういうことに使うのか、といった、海外文献を読んだり美術館を訪問したりするのに役立つ英語を学びます。

版画や写真といった紙モノの世界についても、実際に「写真」と「インクジェットプリンターの写真という名の印刷物」との違い、一見全くわからないのですがルーペでドットが見えるかどうか、などを体験します。

課外授業は、当協会監修者である岡部昌幸先生による、ブラタモリならぬブラオカベ!今回は会期終了直前の「1933年の室内装飾展」(東京都庭園美術館)を隅から隅まで見学、庭をも含めてたっぷり2時間歩き回された後も、白金台界隈めぐりが続き、最終目的地ショコラティエではみなさん「甘いホットチョコレートのドリンクに、スイーツとしてのチョコレート」をほうばって疲労回復。

4日間で12単位という実にハードな集中講習をすべて終え、カクテル&ディプロマ授与では全員が笑顔で終えることができました。受講生のみなさん、出講いただいた先生方、お疲れ様でした。

次回第5回アンティーク検定講習・2級は2020年1〜2月に実施する予定です。


第4回アンティーク検定講習・3級

まだまだ残暑が厳しい東京ですが、8/31-9/1と2日間に渡って第4回アンティーク検定講習が行われました。
 
年に1度の検定試験の日程が合わない方、試験で緊張するより、講習でリラックスしながら学んでいきたい方、確実にディプロマを取りたい方、せっかくなので基礎から学んでみたい方、他の講習参加者とも懇親を深めたい方・・・みなさん受講理由はさまざまです。
 
今回の受講生は7名、うち2名は外国籍の方でした。でもお二人とも日本語での講習は全く問題ないばかりかかなり専門性の高い知識を有しています。日本人受講生も負けてはおらず、古物商を営んでいる方、膨大なカップ&ソーサーのコレクションをされている方、美術検定の最上級資格を持っている方、みなさんモチベーションの高い方達ばかり。
 
第1日目は、「アンティーク」の定義、その意味、類似した言葉の使い方、そして西洋美術史を基本とし、家具様式や服飾・宝飾様式などを学びました。
 

2日目は陶磁器とガラスについて。その種類、歴史、見分け方、特徴、評価額をざっとパノラマ的に。
 
そして見学は「みんなのミュシャ」展。日本でなぜ何度も手を替え品を替えミュシャ展が開催されるのか、ミュシャ財団の所蔵品にどのようなものがあるのか、ミュシャから影響を受けた日本の漫画家たちの作品までもを含めた「みんなの」ミュシャ。会場は会期終了間近との日曜午後とあってかなり混んでいましたが、充実した展覧会だったと思います。
 

 

2日間の集中講習の最後は、カフェ・ドゥ・マゴでアフタヌーン・ティと共にいよいよディプロマ授与。全員全単位を取得、無事ディプロムが授与されました。
 

受講生のみなさま、2日間お疲れ様でした。
 
次回の第5回アンティーク検定講習は、2020年1月を予定しています。
 


第8回アンティーク検定試験

6月30日に、第8回アンティーク検定試験(3級・2級・1級)がお茶の水女子大学にて実施されました。
梅雨時で小雨が舞う中、200名を超す受験者が、年に1度の検定試験に真摯に向き合いました。

3級は、今回より若干問題が易しく・・・はなりませんでしたが、選択肢が4択から3択に変更になったことで、わからない問題を当てずっぽうに解答したところで、正答率が上がるに思います。
そのせいでしょうか、受験終了時間を待たずして、退出可能時間になったら終了・退出する受験者が多くいました。

一方2級と1級は、やはり80分間じっくり考えて、見直して、という慎重な姿勢が見られました。

10代から70代まで老若男女が一堂に会したアンティーク検定試験、次回は2020年に第9回が開催されます。

試験は苦手、という方は、3級と2級に関しては講習コースも受けられます。次回第4回アンティーク検定講習は、8月末〜9月に行われます。


第3回アンティーク検定講習・2級=後半の部=

2月の3連休、雪予報で脅されていましたが、幸い東京はそれほどの大ごとにはなりませんでした。この連休の土日は、アンティーク検定講習・2級の後半の部が行われました。
 
通算3日目となる土曜日は、「英語」の授業でスタート。日本で普段暮らしている大人にとって、英語で物事を考えたり表現したりすることは滅多にないものですが、アンティーク検定試験2級以上には外国語(英語またはフランス語)の科目があります。対象が西洋アンティークですから、論文とまではいかなくても、対象となる工芸品をどう表現するか、色、サイズ、時代、状態、それらを英語で表現する方法を学びます。
 

絵画のサイズは縦と横のどちらから言うのか、ある立体のもののサイズを表す場合、高さ、長さ、奥行きはどういう順番で言うのか、知っていますか?
 

2限目は、写真、写真製版、版画、フォトコラージュなど紙モノの世界について学びます。アンティークではよくリトグラフなどのポスター、ポショワールの絵などもありますが、それぞれどんな技法で作られているのか、木版画と銅版画は主にどんな時代に誰によって製作されていたのか…学ぶことは尽きません。

実際にアンティークの写真を見て、写真なのか写真製版なのか、区別の仕方を教わり、目が疲れたところで、ランチへ。雪が舞うことはなかったですが、キリッとした寒さの中、少し歩いてリヴィエラ・カフェへ。
 

午後の講座は、2級受験者泣かせの科目「現代時事アンティーク」について、美術館に勤める現役の主任学芸員の講師より、アートフェアや美術館に関する現代事情を学びます。なぜアートフェアにはビエンナーレとかトリエンナーレといったイタリア語が使われるのか、現代のアート市場における日本の立ち位置は?日本の建築家は海外でどう評価されている?そんなお話をたっぷり学びました。

 

最終日は、午前中にアール・ヌーヴォーに関する講座を受けた後、午後はいよいよフィナーレ、アール・デコの館と言われる東京都庭園美術館へ。案内は本検定試験監修者の岡部昌幸先生です。普通ならすぐ建物の中に入るのですが、この庭園美術館の歴史や裏話、誰も知らない誰も書かない逸話など、美術館運営に関わった人しか語れない生の証言を聞くのも楽しいものです。

現在展示中のフォトコラージュはちょうど前日の授業でも話題に出ましたので、展示もじっくり鑑賞し、そしてCAFE TEIENにてディプロマ授与、全員が全単位を取得、晴れてアンティーク鑑定2級の認定を受けることができました。


 
受講生のみなさま、寒い中、全4日間に渡る集中講習、本当にお疲れ様でした。次は1級の検定試験を目指して、アンテナを張り続けてくださいね!
 
 


第3回アンティーク検定講習・2級

1月最終週末は、アンティーク検定講習2級の前半の部が開講されました。
 
2級の講習を受講するには、3級を試験で合格しているか講習で修了している必要があります。すなわち2級の講習を受講する参加者は、全員すでにアンティーク鑑定の基礎知識を有しており、入門者はいません。中にはすでに2級を修了し、1級も一部合格している方からも「復習を兼ねて」「もう一通り学びたい」とご参加いただいています。
 
前半の2日間、初日午前は装飾・文様に関する講座(「カルトゥーシュ」とは?「グロテスク」とは?「ヴォリュートとは?」etc…)、そしてランチをはさんで午後は西洋美術史の通史と装飾美術史、終日濃厚な講義で行われました。
 
  
 

2日目は、鑑定アトリエ。実際に陶磁器・ガラス・銀器を触って、ルーペなどで細部を確認しながら、それらがどういうものなのか、descriptionと呼ばれる記述を行います。オークションカタログに鑑定士が記載する内容を記述する練習です。

 
 
  

最後にバロックからディオールまでの服飾・宝飾史をざっと通した小1時間の講座でもって、前半は修了しました。全員全講習を参加、おやつも完食して(!)、2週間後の後半の部に続きます。
 
 
 


第3回アンティーク検定講習・3級

新年早々の3連休でしたが、1/12-13と第3回アンティーク検定講習・3級が行われました。検定講習は検定試験と同レベルの内容を、複数の講師とともに集中講座で学び、理解し、級を取得するシステムです。検定試験に向けて独学で勉強するよりも、仲間と一緒に学べる、疑問に思っていたことを質問できる機会がある、落ちるかもしれない試験を受けなくても確実に級が取得できる、とメリットもある一方、80%の出席が必要で、お仕事をされている方などは週末をまるまる講習に充てなくてはなりません。
 

今回はその検定講習に、あるアンティーク・ショップのスタッフさん全員が研修でご参加いただき、また地方から上京して泊まりで受講されるモチベーション高き方も何名かいらして、定員10名・満席での講習会でした。
 

初日は東京で初雪を観測した寒さ、会場はもちろん暖房がありますが、やや寒い中で終日座学の講座。アンティークの定義や、古物の関税法、装飾美術様式と美術様式の関連、宝飾・銀器などについて学びました。
 

2日目は陶磁器に関する区分のお話、そしてオークション会社の社員の方による、昨今のマーケット事情や世界のマーケットの流れや行方などの解説、そしてハイライトである午後の課外授業では本検定監修者・岡部先生の解説による赤坂離宮迎賓館を見学、室内装飾や建築様式を一緒に見て回り、最後にニューオータニ内のカフェにて授与式、晴れて参加者全員が3級のディプロマを手にしました。


 

 

 

検定講習は一気に講座のシャワーを浴び続けるため、ちょっと頭の中の整理が必要ですが、すぐ後に過去問を解いてみると、あら不思議!全問答えられるほどに理解できる内容です。
 

試験で実力を試すもよし、講習でとことん納得し理解して級を取得するもよし、3級と2級はどちらでもチャンスがあります。
 

1月後半からは、2級の検定講習が行われます。
 
 


第2回アンティーク検定講習2級が終了しました

 4日間に渡って行われました、アンティーク検定講習・2級の部が終了、講習参加者全員が無事ディプロマを手にしました。
 

よく「宮様」が記念撮影をされる場所で、監修者・岡部昌幸先生と。


 

 2級の検定講習を受講するためには、3級を試験で合格しているか、講習で修了している必要があります。つまり、基礎知識を既に習得している方々のための講習ですので、奥深く西洋装飾美術、西洋アンティークの世界への理解を深める講習です。今回の講習参加者は、今年7月の検定試験で3級を合格された方、1月や9月の検定講習で3級の講習を修了された方たちで、みなさん今年になって3級取得で勢いがついて、このまま2級も一気に!という力みなぎる方達ばかりでした。
 

 前半2日目は、あわや台風にぶつかりそうになりましたが、お昼休みを返上で早めに終了し、なんとか無事でした。台風が半日ズレていたら2日目は休講とせざるを得なかったと思いますので、全く幸運です。後半の庭園美術館見学日も、予想では小雨かなと思っていましたが傘の必要もなく、おかげで普段はなかなか見て回らないような「絶景コース」まで堪能することができました。特殊な杉や松の木の名前まで解説いただきました。

 

 

 西洋美術史を一通り(ルネサンスから20世紀初頭まで)網羅し、陶磁器・銀器・ガラスの鑑定アトリエを行い、宝飾・モードの世界、版画・写真などの複製芸術の世界、家具や様式のおさらい、オークションカタログを読む際の英語による特別な表現の学習、現代マーケットのお話・・・あらゆる方向から西洋装飾美術の世界に切り込んでいけたのではないかと思います。
 


 

 アンティーク検定試験2級は、合格基準が各科目70%と、入門の3級(合格基準は60%)に比べればかなりハードルが高いのではないかと思いますが、今回のような講習で学んで納得して理解して級を取得したかった、という方も多く、級を取得する一つの手段と考えていただければと思います。
 

 次回は来年の1〜2月を予定しています。ご興味のある方は、HPにてご確認の上、お問い合わせいただければと思います。
 
 


第2回アンティーク検定講習・3級、ショーメ展とカフェ・ロブションにて無事終了!

 まだまだ夏日が続く9月の土日2日間にて、第2回アンティーク検定講習・3級が行われました。
 

 今年2018年よりスタートいたしましたアンティーク検定講習は、講習に参加することでアンティーク検定試験と同等の資格を取得できるシステムです。試験の日程が合わない、そもそも試験が苦手、一人で教科書を読んで勉強するより講習で楽しく学びながら取得したい、いろいろ聞きながら勉強したい、普段はなかなか講座に通えない・・・そんな方達の要望に応じて行っています。
 


 
 3級は土日の2日間で12単位を修得します。
 

 講習科目:6科目 全12単位(合計12時間)
 
– 西洋美術史入門
– 西洋陶磁器
– 銀器
– ガラス
– 家具様式
– 宝飾芸術(ジュエリー)
 

 

 集中講座ではありますが、一緒にランチを食べたり、ティータイムを設けたりして、リラックスした雰囲気で行なっています。
 

 今回の参加者は全員全講習を参加、30分待ちの三菱一号館美術館で開催の「ショーメ展」も見学し、無事全員が修了証を手にしました。
 

 


 

 修了証授与のカクテル会場に考えていた CAFE1894 はやはり満席(ここは残念ながら予約ができないのです)、でも涼しい風が吹いてきた時間でしたので、カフェ・ロブションのテラスにて行いました。それぞれのアンティーク・コレクションのお話、海外での体験談などに花が咲きました。
 

 次回の第3回アンティーク検定講習・3級は2019年1月を予定しています。
 
 


いよいよ第7回アンティーク検定試験

 本日は、第7回アンティーク検定試験が実施されます。1週間前には、1級受験者を対象とした対策勉強会が、昨日は2級と3級を対象とした直前対策勉強会が実施されました。参加者の受験生はみなさん真剣にノートを取って、講義に臨んでいました。
 

 

 
 毎回、検定試験直前に行われる勉強会には、かなりのピンポイントでのヒントが隠されています。しかしながら、勉強会の目的は出題をバラすことではなく、あくまでも西洋装飾美術の世界、西洋工芸の世界の基本的な「知っておくべきこと」をお伝えすることにあり、ここをチェックして見ればものの見方がわかりますよ、と指南するもの。
 

 そうは言ってもここは日本、西洋装飾の世界はそう日常に身近にあるものではありません。こういうのをチッペンデール様式と言いますよ、と言われても、チッペンデールの椅子はそうそうお目にかかれるものではありません。そこが外国文化を学ぶ辛さでもあります。
 

 幸い本年は、「西洋骨董鑑定の教科書」(発売元 パイ インターナショナル)という、イギリス人のアンティーク・エキスパートの著書の翻訳が刊行されたことで、現物を見たことがなくても鮮明な画像で、チッペンデールの椅子の特徴を学ぶことができるようになりました。
 

 まずは頭の中に基礎知識を仕入れて、そして現物を見にヨーロッパに行って納得する、という方向、また逆に何もわからずインスピレーションで「いいな」と思ったものを持ち帰り、はてこれはどういうものなのだろう、と調べ上げる方向、どちらから入っていってもいいのではないかな、と思います。
 

 受験生のみなさま、頑張って合格しますように!
 


西洋骨董鑑定の教科書、ついに発売!

 この度、パイインターナショナル社より、「西洋骨董鑑定の教科書」がついに発売になりました。
 
 

 美術史を学ぶための書籍は巷に溢れているのに、装飾美術を体系的に学ぶための本はなかなか見つかりません。とはいえある分野に特化したものーたとえば「ウェッジウッド物語」(日経BP社)、「リモージュボックス」(平凡社)、「ウィリアム・モリス」(河出書房新社)、「魅惑のアンティーク照明」(西村書店)ーといった本ーはありますし、洋食器のブランドやお店紹介のような本もそれなりにあります。そもそも装飾美術とは、使って愉しむためのもの、堅苦しい理論めいた本などなくても、興味を持ってコレクションしていくうちに、自然と覚える・・・当協会の設立者もそのように思っており、いわゆる「教科書」「検定本」を作ることには、あまり積極的ではありませんでした。
 

 日本人は真面目なので、教本があれば、教本を読んでガリ勉してしまいます。英検受かっても、喋れないじゃないか・・・というのも、英検攻略本で効率よく勉強すれば、検定試験は受かる、でもそれって英語のコミュニケーションを身につけたことになる?というのと同じで、モノを見ないで触らないで、買いもせずに、ただ本で覚えた知識で「アンティーク鑑定ができる」なんて人を作りたくはなかったのです。
 

 しかし、それはやはり傲慢な考えだったのかもしれないと思うようになりました。自然と身につける、なんてことは、よほどの情熱や時間をかけないと難しいのです。ここは日本、西洋ではありません。代々伝わる、おばあちゃんが使っていたチューリーンや、銀のシュガーシフタースプーンや、アンティークドールは、日本の家庭にはないのです。
 

 それに美術史も同じ、ただ絵を見ていても絵がわかるようにはなりません。絵画はそもそも誰もが簡単に理解できるものではありません。そう、美術は教養なのです。ちゃんと絵がわかるようになるためには、専門的な知識(たとえばアトリビュートなど)を学ぶ必要があります。解説書を読んだり評論を読んだり・・・1つの美術展が開催されるたびに、山ほど関連図書が刊行されているのも、そういう書物の助けなしには、理解できないからなのです。
 

 そうは言っても本を出版するというのは並大抵のことではない、今や書店は年々減り続け、本を読む人口も減り続け・・・やがて紙の本は消滅するのでは、とささやかれているご時世。出版助成もなかなか「公共性」がないゆえに応募基準を満たせず、という状態でした。
 

 そんな折、美術書や豪華本の出版で定評のある、パイインターナショナルさんより、イギリスのアンティーク専門家の本を翻訳刊行するにあたって、監修をお願いできないだろうかというご依頼が、当協会を通じてありました。これは神の思し召しか!?と、当協会を挙げて全面協力させていただくことに。
 

 このような経緯でもって関わらせていただいた本書ですが、ものすごい情報量がぎっしり詰まっており、また分野によっては日本語がまだ確立していない語句も多くあり、連日連夜、原書出版社、編集者、翻訳者を交えての研究、議論が続きました。
 

 椅子の脚一つとっても、日本語では「椅子の脚」、しかし原書ではどの部分を指すかによって語彙がいくつもあります。背の部分も同じ。「家具職人はこういう言い方をする」「いや、でも一般的にその言葉は誤解を招く」といったようなことが、多くありました。語彙が少ないということは、そのものの歴史が浅い、ということでもあります。そう、日本に西洋の家具や照明器具が入ってきたのは歴史的にも新しいので、燭台の枝の数によって呼び方が違うなんて文化はなかったのでした。
 

 本書が出版されたことによって、西洋装飾美術の世界を理解する手助けの一つとなれば、こんなに喜ばしいことはありません。
 

 画像を眺めているだけでも楽しめる豪華な教本ですので、ぜひ手に取って見てくださいね。
 

 本書は当協会でも販売しています。