アンティーク検定」カテゴリーアーカイブ

第7回アンティーク検定講習・3級が行われました

全国11の都道府県で緊急事態宣言が発令されている中ではありましたが、第7回アンティーク検定講習3級が予定通り開催され、またあらたに「アンティーク・コレクター」の資格所持者が誕生しました。

アンティーク検定試験が終了した直後ではありますが、試験よりも講習を受けて理解した上で資格を取得したいという人たちはやはり多く、今回も「興味はあるのだけど、全く初めてで・・・」という方たちが集まり、一緒に楽しい2日間の講習を共にしました。

前回よりこのアンティーク検定講習は会場の人数を半数に制限し、またオンラインでの受講も可能としていますが、今回は緊急事態宣言下。東京のメガ・ステーションに隣接した都の施設である会場は休館になっておらず、学校も休校にはなっていないとはいえ「やはり出歩かない方がいいのではないか」「かといってオンラインでは小さな画面を見ているだけでは集中して頭に入りそうもない」とご参加の方々もいろいろ迷われたようでした。それでもみなさん勇気を持ってご参加していただき、本当に感謝申し上げます。

初日の午前は、アンティークの定義について、そして陶磁器に関しての入門を学びました。

お昼は通常ですと会食&懇親なのですが、今回は残念ながら会食は自粛。老舗ベーカリー・関口フランスパンの手作りサンドイッチとスイートポテトパイを食べて、午後の講習へ。

午後は銀器とガラスに関する授業で、実際にものを見て、ルーペを使って銀器の刻印を見たり、ガラスとクリスタルの違いを感じたり、とオンラインでは出来そうもない鑑定の会なども行なった結果・・・たった1日受講するだけで、1週間前に行われたアンティーク検定試験の問題がみなさんスラスラ解けるようになりました。

2日目は午前がZoomによる、家具&建築と様式の授業。そして午後は自由学園・明日館にて学芸員の方よりレクチャーを受け、フランク=ロイド・ライトの動態保存されている建築物や家具を実際に触って、西洋建築の影響を受けた日本のモダニズム建築に触れました。

最後に明日館の食堂と呼ばれる喫茶室でお茶&パウンドケーキで一息つき、全員全過程を修了、無事修了証を手にしました。


第10回アンティーク検定試験が終了しました

1月9日にアンティーク検定試験・3級がオンライン形式にて実施されました。前回に引き続きオンラインのみでの開催となりましたが、若い方を中心に全国からの出願がありました。

今回は3級限定の試験です。問題は通常通り60問、最初の20問は正誤問題、続く40問は三択問題です。オンライン形式ですので、クイズやアンケートのようにポチっとしていけば、あっという間に到達してしまい、送信完了。最近では慣れている人も多いのでしょうか、多くの人が終了時刻を待たずに回答を提出していました。

3級は入門級ではありますが、やはり全く西洋美術装飾工芸を知らない、触れたことがない、という人にとっては初めて聞く言葉なども出てくるかもしれません。

アンピール様式に出てくるモチーフは? 
マヨルカ焼きって? 
モーニング・ジュエリーって何? 

アンティークが好きで、よくマーケットに出かけて店主とおしゃべりをしたり、海外に行くと蚤の市巡りなどをしています、という人は比較的馴染みがあるかとは思います。それでもちょっとした歴史や背景を頭に入れていないと戸惑う問題もあったのではないでしょうか。

公式テキストとなっている「西洋骨董鑑定の教科書」は画像も多く分厚いテキストですが、やや事典的なものでもあり、3級の試験を受けるのにこれを全部覚えなくてはいけないのか、と思うとちょっと尻込みしてしまう方もいらっしゃいます。実際の問題はごくごく基本の部分からの出題になっていますが、どこが基本でどこが応用なのか、なかなか区別もつきにくいかもしれませんね。

試験なんて緊張するし、嫌だなあ、という人向けには「アンティーク検定講習」もあります。3級の場合は2日間の集中講習に出席することで取得となりますが、サロン形式の楽しい講習です。次回のアンティーク検定講習は1/16-17に実施予定です。


ウィズコロナの時代、第6回アンティーク検定講習

8月末〜9月にかけて、第6回アンティーク検定講習が行われました。今回はコロナ禍の下、少人数とはいえ集まって行う講習会の実施時期に関して迷いましたが、講習会場である東京芸術劇場が感染対策を万全にして施設を再開していることもあり、通常の会場定員数を半数にして行うことにしました。また希望であればオンラインでのご参加もOKとたところ、3級、2級ともオンラインでのご参加申し込みもあり、初のハイブリッド方式の試みです。地方在住の方々にとっては、この状況下で上京をためらわれる傾向にあったかと思いますが、オンラインでの参加という新しい形で実現することができました。

3級は「アンティークがはじめて」という、興味はあるけれどどうやって学んだらよいのだろうという方向けです。「西洋骨董鑑定の教科書」を買い、独学で勉強をして試験を受けて級を取ることもできますが、敢えて講習を受講する方には、すでに興味の方向は定まっているが多視点から学んでみたいという傾向があり、実際今回の受講者の方々にも、すでにアンティーク関係のビジネスをされている方が何名かいらっしゃいました。

2級は4日間の受講で多くの知識を入れ込み、また実際に物を鑑定できるレベルまでの講習です。大学などの授業では1年30週かけて学ぶ西洋美術史をたった2時間で詰め込み、外国語でdescriptionという、オークションカタログに記載されているエントリーを書く練習、また装飾美術の範囲も家具・工芸品だけでなくモード、ジュエリー、さらにはあまり馴染みのない写真や建築、そして現代アート展までもを網羅します。実地見学も含まれ集中研修旅行のような様相でもありますが、目的はあくまで「装飾美術工芸を楽しむこと」、参加者のみなさんと楽しく交流をしながら行いました。

今回の実地見学は、3級ではアール・デコ建築の東京都庭園美術館、2級ではアダム・スタイルの影響を取り入れた鳩山会館(旧鳩山一郎邸)と、ネオ・バロック様式の見られる迎賓館・赤坂離宮にて。日本における明治以降の様式美建築を訪ねながら、今はしばし訪問できないヨーロッパの様式を学ぶというウィズコロナ時代の講習でした。

次回のアンティーク検定講習は2021年1〜2月を予定しています。