AEAOサロン倶楽部」カテゴリーアーカイブ

香りの器

2月のAEAOサロンでは、汐留美術館にて開催中の「香りの器ー高砂コレクション展ー」にちなんで、香りの器に関するおはなしをオンラインにて行いました。

月1回のAEAOサロン倶楽部、実は今月でちょうど開催5周年。2016年2月よりスタートし、なんと初回のテーマも今回と同じ、香水瓶のテーマで集まったのです。当時はまだ本協会の活動としてはアンティーク検定試験と海外研修しか行っておらず、月1回みなさんで集まってお茶でもしながらアンティークのお話に花を咲かせてという趣旨と、海外研修へ誰もが行けるわけでもないので、研修にちなんだテーマのプレレクチャーを研修に参加しない人とも共有しましょう、という意図で始まりました。

その後の海外研修では2度ほど香水博物館を訪れていますし、またAEAOサロン倶楽部でも過去に「ラリックの香水瓶」展(松濤美術館)や「ラリック・エレガンス」展(練馬区立美術館)に合わせて香水瓶を鑑賞する機会がありました。今回のAEAOサロン倶楽部ご参加の方たちも、過去のサロンや研修に参加された方たち、そしてまたあらたにご参加いただいた方など、香水が好き、香水瓶に興味がある、というパルファン・ファンのメンバーで集まり、最後にアンンティーク香水瓶のコレクターさん所有のアール・ヌーヴォー期の美しいお品をみなさんで見せていただいたいたりして、目の保養をさせていただきました。

高砂コレクションとは、一企業である(世界五大香料会社の一つ、大企業です!)高砂香料工業株式会社さんが研究のために世界中から蒐集された「香りの器」の集大成です。通常は本社のあるニッセイアロマビル内の高砂コレクション・ギャラリーにて展示されていますが、2020年に創業100年を記念してのコレクション展覧会を企画され、現在は巡回展として汐留美術館で開催されている展覧会です。

私企業の所蔵品ですから、これまで他では見たことのないような貴重な香水瓶もありますし、また紀元前のものから、古代ギリシア、古代ローマ、イスラム世界における香りの器、西洋の黄金期の香水瓶、アール・ヌーヴォー、アール・デコ時代の一斉を風靡した香水瓶、そして日本の香炉や香道具に至るまで、あらゆる香りの器が勢ぞろいです。

時代の流れで、現在では人工的な香料がやや疎まれる時代、なるべくナチュラルにという回帰傾向がありますが、人工香料が製作された過程や技術も人類の叡智の一つ、そして貴族階級でない一般庶民が香水を身につけられるようになったのも、人工香料により香料の値段がうんと下がった恩恵です。

また香りの器は、レストランの食事が単なるお皿の上の食材だけでなく、テーブルウェアからレストランの内装、サービスなどすべてを含んだものであるのと同様、中味の香りと同等にその器の美しさ、繊細さ、愛らしさも重要な香りの一部ではないかと思わせられるアイテムです。あまり場所も取らないし、何よりも美しいものだらけで、コレクションするのが楽しいアンティークですね!


GO TO ART DECO

11月のAEAOサロン倶楽部は、GO TO ART DECO と称して、日本で味わえるアール・デコを堪能しました。

関東大震災前、「グランド・ホテル」に代表される多くの外国人用ホテルが山下町界隈に建設されましたが、震災によりすべて破壊、その後1927年に「ホテル・ニューグランド」が開業され、現在に至っています。

「最新式設備とフレンチ・スタイルの料理」がキャッチフレーズのこのホテル、外装・内装とも時代を反映したアール・デコ様式が散りばめられています。

ランチは大西洋を結ぶ豪華客船ノルマンディ号のダイニングルームを再現させた同ホテル内フレンチレストラン「ル・ノルマンディ」にて、正統派フレンチ・フルコースを頂きました。奇をてらった料理は一切なく、伝統的な安定の美味しさです。カトラリーはクリストフルの「アリア・シリーズ」、古代建築の円柱を模したこのフォルムはアール・デコ様式にぴったり。

腹ごなしの運動として、すぐ目の前に停泊している日本郵船氷川丸を見学、ホテルと同時代の1930年に竣工した貨客船です。

1937年までは北米航路シアトル線として、戦時中は病院船に改装され南方戦線に赴き戦後は復員輸送と一般邦人の引き上げ輸送として、そして1951年から1960年までは再びシアトル航路が復活し1960年の引退まで活躍した波乱万丈のこの大型船も現在は山下公園に係留、国の重要文化財として見学が可能になっています。

バリア・アリーのこの船内、階段を登ったり降りたりを繰り返し、「一等食堂」「一等社交室」などを利用した当時の船旅人に思いを馳せながら、フランス人工芸家マーク・シモンが手がけたアール・デコ装飾を堪能しました。

アール・デコは、世界で時差なく興ったスタイル・ムーブメントだということが、日本の建造物をこうして見てあらためて感じられます。

氷川丸見学後は、観光客で賑わっている横浜中華街を抜けて、ご参加者のお一人のご家族であるアーティスト・線幸子さんの個展<Layerーまど 2020>を見学、線を織り成すモチーフの素敵な絵画オブジェを作家自らに解説していただきました。仕掛けがあるわけでもないのに、見る角度や位置によって立体感や色彩が異なって見えるという、綿と色彩と油の結実とも言うべく不思議な作品、本展覧会は11月29日まで1010 ART GALLERYにて開催されています。


ようやく実現したアフタヌーンティ&ハイティー

2020年4月のAEAOサロンにて行う予定の「アンティークの祝祭」試写会&アフタヌーンティ、試写会が緊急事態宣言下で中止となり、しばらくお預け状態でしたが、ようやく実現することができました。ずっとお待たせしていたみなさまと、別々ではありましたが対面で語り合い、お話できる日が戻ってくるまで、実に7ヶ月以上もの歳月が流れていました。

このサロンには当初の定員以上の方がお申し込みをされており、リッツカールトン様にお願いして、ロビーには2つしかないという6人がけのお席をすべて1ヶ月前には押さえていただいていたのですが、残念ながら4月の集まりはコロナ禍で延期に。また試写会も中止となりましたが、ご参加者様用にキノフィルムズ様から本上映券をご提供いただき、まずは個別ではありますが映画を見ていただくことにしたのが6月の緊急事態宣言明け。この時期は前後左右人が入らない配置での上映でしたので、今よりもはるかに感染症対策が施されていたような気がします。

そしてそろそろ少人数でなら会食をしてもよいかなという兆しになってきたのが、東京がGO TO解禁になってからです。とはいえさすがに全員集合での会食はまだ時期尚早ですので、少人数ずつで行うことになりました。

まずはリッツカールトンでのアフタヌーンティ、当初の予定では「苺の〜」でしたが、今回は「秋の収穫祭〜」と季節がアップデートしています。平日の午後のひとときを、ランチとディナーを合わせたようなたっぷりの量でいただきました。

そして先日は、椿山荘のロビー「ル・ジャルダン」にてイブニング・ハイティーをいただきました。こちらは夜のコースですので、お酒付き。ハイティーというと、ハイクラスのハイを思い浮かべがちですが(実際イギリスからアメリカへこの言葉が渡ったときは、ハイクラスの意味に捉えられてしまったようです)、元々の意味はテーブルの高さが「ハイ」、つまりアフタヌーンティのようにローテーブルではなくハイテーブル、食卓のテーブルで食事を兼ねたお茶会のことを指します。農民や労働者たちが始めたお茶会なので、上流階級の人たちは自分たちのお茶の時間を決してハイティーとは呼ばなかった、などとも言われていますが、お肉やお魚などの料理も並びますし、立派なデイナーです。そして椿山荘「ル・ジャルダン」のハイティーはシャンパンで始まり、ローストビーフがメインですから、フルコース・ディナー以上の満足感がありました。

GO TOで加算されるポイント分をみなさんにお土産で還元できたりして、10名以上での会食よりも少人数でゆったりまったりと映画の感想などを語り合えて、かつラグジュアリーホテルですからソーシャル・ディスタンスも十分取れたかなとは思います。それでもまだまだ状況は予断を許しませんね。

11月からAEAOサロン倶楽部も再開いたしますが、十分に気をつけて行っていきたいと思います。