AEAOサロン倶楽部」カテゴリーアーカイブ

ロベール・ドアノー展と写真の世界

3月のAEAOサロン倶楽部は、東急Bubkamuraで開催中の展覧会「写真家ドアノー / 音楽 / パリ」に合わせて、写真の世界と写真で見るパリ、そしてフランスの音楽についてオンラインにて集まり、語り合いました。

写真に必要なカメラ、この原理となるものは古代からあったようですが、カメラ・オブスクラを使ってフェルメールは絵を描いたのだろうか?レンブラントは?ダ・ヴィンチもちゃっかり使っていた?なんてミステリーに想いを馳せた後は、19世紀の写真の発明と発展について。ニエプス、ダゲール、タルボット…と写真史で必ず出てくる人たち、画家と写真家の葛藤と融和、ナダール写真館の様子など、19世紀になってようやく動き始める世界なのですね。

パリは観光客が普通に撮っても絵になるフォトジェニックな街ですが、その街が出来上がったのが、ナポレオン3世時代、言わずと知れたパリ大改造計画です。その大改造の前、大改造中のパリを撮った写真家マルヴィルの作品を見ると、ああバルザックのパリはこれだったんだな、と思い、改造後のパリを撮った写真家アジェの作品を見ると、ああプルーストのパリはこれだったんだな、と想像し・・・「古き佳きパリ」はどんな時代にもノスタルジックな想いが詰まっているように見えます。

そして、フランスの国民から最も愛されたと言われる写真家ロベール・ドアノー。今回のBunkamuraでの展覧会は音楽をテーマにした写真が展示されていますが、ドアノーは庶民目線で、何気ないワンシーンを実に愛らしくファインダーに収めていますね。郊外に生まれ、郊外に住み続けたドアノー、キラキラしたパリだけでなく、流しのミュージシャンやロマの人たちの生活に優しい目を向け続けた彼は、性格がとてもシャイだったそうで真正面から被写体を見ることができず、二眼カメラを愛用していた(上から覗き込むので、直接真正面から見なくてもよい)という逸話も含めて、どれもこれもほっこりする作品です。

Bubkamuraでの展覧会は3月31日までです。


久しぶりのリアル・サロン、大倉集古館「海を渡った古伊万里」展

1月に開催予定のAEAOサロン倶楽部は緊急事態宣言を受け延期としていましたが、3/16、3/17の2日間に分け、ようやく実現することができました。コロナ前は当たり前のように毎月集まっていた対面でのAEAOサロン倶楽部は昨年11月以来、4ヶ月ぶりのリアル開催です。

本来まだ緊急事態宣言は解かれていないのですが、大倉集古館が臨時休館から感染者数の減少により再開したこと、本展覧会の会期が3/21までで延長はしないことを受け、ご参加申込者の方々と協議をした結果、気をつけて集まりましょうということで、みなさまのご協力の元に実現にこぎつけました。

2019年にリニューアルオープンしたThe Okura Tokyoと、オークラスクエアと呼ばれる大きな水盤を挟んで真向かいにある大倉集古館、こちらもホテルのリニューアルに合わせて5年もの歳月をかけ改修された美術館で、国の登録有形文化財です。

「海を渡った古伊万里〜ウィーン、ロースドルフ城の悲劇〜」展は、戦争遺産であり、また19世紀後期から20世紀にかけて確立されていった陶磁学に非常に寄与すべく歴史的資料価値の高い展覧会と言えるでしょう。陶片となってしまった作品は、見るものに破壊され傷つけられた悲しい一面を与えますが、同時に陶片から、その断面を調査し産地や年代がより明確になったり、ヨーロッパの陶磁のデザイン流行の歴史があらためてわかったり、日本の輸出用磁器が何を求められていたのか、などという資料価値が含まれています。破壊された陶片を1つ1つ拾い集め、それを展示していた当時の城主のお気持ちが、こうして半世紀以上を経て『古伊万里再生プロジェクト』を立ち上げらせたとしたら、歴史のもつ重みと人類の叡智の結晶を感じずにはいられません。

また修復についても館内ビデオを通してつぶさに知ることができ、その逸脱した技術や材料などが紹介されています。組み上げ修復と呼ばれる欠損部分を残したままの修復や、欠損部分を補って完璧に再現した修復など、修復にもさまざまな種類があることも学びました。このような職人は絶やしてはいけない、でもこんな緻密な作業ができる修復士を育てていくのもこれからは困難な時代になっていきそうです。

The Okura Tokyoのランチも、1日目はバーラウンジ・スターライトにてレイト・ランチ、2日目はオールデイダイニング・オーキッドにて早めのランチ、とどちらも混み合わない時間帯を選んで設定しただけあって、幸いにもゆったりした中で美味しく頂くことができました。マスクホルダーなどが用意されているのも、さすが一流ホテルですよね。

このような状況下で、特に美術館内ではおしゃべりは出来ませんが、同一空間を共有し、同じものを鑑賞し、意見を言い合える、そんな以前は当たり前に出来ていたことが如何に大切で有意義だったのか、桜も開花宣言が出てチラホラと蕾が開花していく中であらためて感じた久しぶりの楽しいリアル・サロンでした。

来月以降もなんとか集まれますように!


香りの器

2月のAEAOサロンでは、汐留美術館にて開催中の「香りの器ー高砂コレクション展ー」にちなんで、香りの器に関するおはなしをオンラインにて行いました。

月1回のAEAOサロン倶楽部、実は今月でちょうど開催5周年。2016年2月よりスタートし、なんと初回のテーマも今回と同じ、香水瓶のテーマで集まったのです。当時はまだ本協会の活動としてはアンティーク検定試験と海外研修しか行っておらず、月1回みなさんで集まってお茶でもしながらアンティークのお話に花を咲かせてという趣旨と、海外研修へ誰もが行けるわけでもないので、研修にちなんだテーマのプレレクチャーを研修に参加しない人とも共有しましょう、という意図で始まりました。

その後の海外研修では2度ほど香水博物館を訪れていますし、またAEAOサロン倶楽部でも過去に「ラリックの香水瓶」展(松濤美術館)や「ラリック・エレガンス」展(練馬区立美術館)に合わせて香水瓶を鑑賞する機会がありました。今回のAEAOサロン倶楽部ご参加の方たちも、過去のサロンや研修に参加された方たち、そしてまたあらたにご参加いただいた方など、香水が好き、香水瓶に興味がある、というパルファン・ファンのメンバーで集まり、最後にアンンティーク香水瓶のコレクターさん所有のアール・ヌーヴォー期の美しいお品をみなさんで見せていただいたいたりして、目の保養をさせていただきました。

高砂コレクションとは、一企業である(世界五大香料会社の一つ、大企業です!)高砂香料工業株式会社さんが研究のために世界中から蒐集された「香りの器」の集大成です。通常は本社のあるニッセイアロマビル内の高砂コレクション・ギャラリーにて展示されていますが、2020年に創業100年を記念してのコレクション展覧会を企画され、現在は巡回展として汐留美術館で開催されている展覧会です。

私企業の所蔵品ですから、これまで他では見たことのないような貴重な香水瓶もありますし、また紀元前のものから、古代ギリシア、古代ローマ、イスラム世界における香りの器、西洋の黄金期の香水瓶、アール・ヌーヴォー、アール・デコ時代の一斉を風靡した香水瓶、そして日本の香炉や香道具に至るまで、あらゆる香りの器が勢ぞろいです。

時代の流れで、現在では人工的な香料がやや疎まれる時代、なるべくナチュラルにという回帰傾向がありますが、人工香料が製作された過程や技術も人類の叡智の一つ、そして貴族階級でない一般庶民が香水を身につけられるようになったのも、人工香料により香料の値段がうんと下がった恩恵です。

また香りの器は、レストランの食事が単なるお皿の上の食材だけでなく、テーブルウェアからレストランの内装、サービスなどすべてを含んだものであるのと同様、中味の香りと同等にその器の美しさ、繊細さ、愛らしさも重要な香りの一部ではないかと思わせられるアイテムです。あまり場所も取らないし、何よりも美しいものだらけで、コレクションするのが楽しいアンティークですね!