AEAOサロン倶楽部」カテゴリーアーカイブ

秋の遠足、横浜山手西洋館を巡る旅

今日は昨日の荒天から一転して秋晴れの穏やかな日、まさに遠足日和でした。

5月に計画していたAEAOの遠足シリーズ、春の「笠間で語ろう 〜夢二×ローランサン 乙女の夢はアヴァンギャルド展〜」は残念ながら緊急事態宣言により中止となってしまいましたが、秋の「横浜山手西洋館を巡る旅」は無事催行できました。普段オンラインでお互い顔は見ていても、リアルでの集まりはやはり楽しいものですね。

お昼前に元町・中華街駅のアメリカ山公園からスタート、岩崎博物館、山手111番館、大佛次郎記念館、横浜市イギリス館と回り、庭や花もたっぷり堪能した後は、山手十番館にてフレンチ・フルコースのランチ。

みなさんやはりこの1年、外食はそれなりに控えていたようで、こういう会食ができるようになってよかった!

普段の運動不足と、お肉にもお魚にも合うとオススメされたシチリアワインでちょっと眠くなってしまいましたが、食後は山手資料館、山手234番館、エリスマン邸、ベーリックホールを見学。コロナになってから一部見学できない部屋などがあって残念でしたが、それでもどこも感染対策が万全にされていて、安心でした。

横浜はアップダウンの激しい地ですが、それがマイナスではなくプラスに作用している街づくりの美しさが垣間見れた気がします。

ジェラール水屋敷地下貯水槽なども通り、華やかなイルミネーションの元町ショッピングストリートを通りすぎ、元町に創業して40年の老舗アンティークショップをしっかり堪能させていただきました。

ちょうど1年前の今日、コロナ禍で休止していたAEAOサロン倶楽部を再開し、ホテル・ニューグランド横浜にてランチ+氷川丸の会を行ったのですが、あれから1年ぶりの横浜。1年前の方がまだワクチンもない中で感染が徐々に拡大している時期で恐々としていた気がします。今も決して油断はできませんが、ワクチン接種とこの1ヶ月ほどの感染者激減により、人々の顔つきも少し明るくなっているこの状況、どうかこのまま収束しますように。


AEAOサロン倶楽部再開は旧岩崎邸庭園見学で!

みなさんで集まって見学に出かける・・・コロナ前までは当たり前に行なっていたAEAOサロン倶楽部も今年に入り計画準備しては中止・延期が続いていましたが、10月に入り、ようやく実現できました。

今回の「旧岩崎邸庭園へ行こう!」は元々2020年12月に予定していたサロンでしたが、GO TOの反動のせいかどんどん感染者数が増えていた時期、12月でもあったので風邪を引いてもいけないし、春くらいに延期しましょう、と昨年見送っていた会のリベンジでした。

見学は予約制、館内でのガイディングは禁止ということで、あらかじめオンラインによるプレ・レクチャーを行い、あらためて現地に集合、このシステムは現地での直接のガイディングよりもいったん頭の引き出しに入るという点で効果的だったのではないかと思います。つい3時間に聞いたことが3時間後に目の前にあって、そうか、あのお話か、と記憶の引き出しをすぐ開けられますから・・・。

やはり驚くべく点は、この豪奢な洋館が「木造建築」だということです。ジョサイア・コンドルの設計ですが、施主であった岩崎久彌がアメリカに留学をしていたことで、アメリカのカントリーハウスなどに親しみを覚えていたのでしょうか。

全体はジャコビアン様式という重厚なスタイル、イギリス・ルネサンス様式に、イスラム風なモチーフなども散りばめられています。1階のベランダに、ヴィクトリア女王が「世界で最も美しいボーン・チャイナ」と評したミントン社製のタイルが敷き詰められてあったり、2階には金唐革紙と呼ばれる貴重な壁紙が貼られていたり、世界でも稀有の建築とされているのがよくわかります。

当時は洋館よりもはるかに大きかったとされる書院造の和館も、現在は大広間の一棟だけが残されていますが、洋館から直接アクセスできるように設計されています。

洋館の天井高の空間の後に和館を訪れると、なぜかほっとしてしまうのは日本人のDNAでしょうか、現に家族が暮らす部屋は和館の方に作られていたようです。

この和館の中にお茶席があり、予約はできないのですがたまたま通った時間に運良くテーブル席が1席空いていて、参加者全員でお抹茶と上生菓子で一息。

その後は別棟に建っている撞球室と呼ばれるビリヤード場を見学、スイスの山小屋風と解説にある通り、ちょっと異質な、それでいてワクワクするような木造ゴシックの建築を眺め、夕暮れまで存分に楽しめました。


ロベール・ドアノー展と写真の世界

3月のAEAOサロン倶楽部は、東急Bubkamuraで開催中の展覧会「写真家ドアノー / 音楽 / パリ」に合わせて、写真の世界と写真で見るパリ、そしてフランスの音楽についてオンラインにて集まり、語り合いました。

写真に必要なカメラ、この原理となるものは古代からあったようですが、カメラ・オブスクラを使ってフェルメールは絵を描いたのだろうか?レンブラントは?ダ・ヴィンチもちゃっかり使っていた?なんてミステリーに想いを馳せた後は、19世紀の写真の発明と発展について。ニエプス、ダゲール、タルボット…と写真史で必ず出てくる人たち、画家と写真家の葛藤と融和、ナダール写真館の様子など、19世紀になってようやく動き始める世界なのですね。

パリは観光客が普通に撮っても絵になるフォトジェニックな街ですが、その街が出来上がったのが、ナポレオン3世時代、言わずと知れたパリ大改造計画です。その大改造の前、大改造中のパリを撮った写真家マルヴィルの作品を見ると、ああバルザックのパリはこれだったんだな、と思い、改造後のパリを撮った写真家アジェの作品を見ると、ああプルーストのパリはこれだったんだな、と想像し・・・「古き佳きパリ」はどんな時代にもノスタルジックな想いが詰まっているように見えます。

そして、フランスの国民から最も愛されたと言われる写真家ロベール・ドアノー。今回のBunkamuraでの展覧会は音楽をテーマにした写真が展示されていますが、ドアノーは庶民目線で、何気ないワンシーンを実に愛らしくファインダーに収めていますね。郊外に生まれ、郊外に住み続けたドアノー、キラキラしたパリだけでなく、流しのミュージシャンやロマの人たちの生活に優しい目を向け続けた彼は、性格がとてもシャイだったそうで真正面から被写体を見ることができず、二眼カメラを愛用していた(上から覗き込むので、直接真正面から見なくてもよい)という逸話も含めて、どれもこれもほっこりする作品です。

Bubkamuraでの展覧会は3月31日までです。