海外研修」カテゴリーアーカイブ

最終日はシャンティイにて

いよいよ研修最終日。今日はシャンティイへの日帰り旅行です。
折しも10月18〜20日の間はシャンティイ内で「植木市」が開催とあって、朝からものすごい人で賑わっていました。
ミニコンサートなども随時行われています。

シャンティイには何があるのか?お城があります。そのお城はいつ誰によって建てられたのか・・・よく見ると建築様式が異なる部分で成り立っています。
城内のコンデ美術館、まずはそんな解説から入り、レセプション会場での正餐に使用していたテーブルウェアなども見ながら・・・

メイン目的であるシャンティイ窯の部屋へ。
フランス陶磁の美は18世紀の軟質磁器にあり、と言う人が多いのも宜なるかな、昨日のセーヴルの軟質磁器も然り、今日はそのセーヴルよりも早く軟質磁器の窯を開いたシャンティイ窯。

柿右衛門を愛したコンデ公が庇護したシャンティイ窯の軟質磁器についての解説を聴きながら、作品を堪能した後は、城内レストランにてランチ、総評、ディプロマ授与式です。全員にディプロマが授与されました。

午後は厩舎や馬具美術館を訪れたり(シャンティイには有名は競馬場があります)、広大なル・ノートル設計の庭を散策したり、シャンティイ城の居室部分を見学したりしながらシャンティイ領地を堪能し、夕刻の電車でパリに戻りました。

ご参加いただいた研修生のみなさま、5日間お疲れ様でした!


典雅のセーヴル!

研修4日目。今日はいよいよフランスが世界に誇るセーヴル焼きのセーヴル訪問です。
セーヴルはパリの郊外、メトロで行くことも出来ますが、ミニバスを配車し、ちょっと優雅に参りました。

午前はセーヴル製陶所の工房をガイディング見学、もちろんプライベートで訪れることはできません。成形技法、焼成の技法、装飾技法、研磨技法などを実際に製陶所に潜入して、見学します。今回のガイドは、なんと日本で巡回した「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」展を企画したセーヴル陶磁都市解説員モアンヌ前田恵美子氏。シュヴァリエを叙勲されている文化人にして専門家、これ以上のガイドはありません。期待を裏切らず、非常に丁寧で詳細な解説をしていただきました。

かつての王立磁器工房は、現在ではフランス国営の製陶所。200人ほどのスタッフはゆえに全員国家公務員、今でも18世紀の製法を忠実に再現し、作り続けられています。おそらく恐ろしいコストのかかる製法、民間ならとっくに「効率や生産性」を問われて、廃窯となっていたかもしれません。国営だからこそできる、フランスの誇るべき芸術です。

といっても無尽蔵に贅沢をしているわけでもなく、たとえば金彩を施したものは、壊れても金だけは回収し、次の作品へ使われます。工房には「金専用のゴミ箱」まで設置されており、金粉1粒でも持ち帰ることは出来ません。

頭の中がパンクした後は、すぐ近くに出来た坂茂設計のミュージックホール、ラ・セーヌ・ミュジカルへ。元々ルノーの工場跡地がしばらく放置されており、ようやく再開発が始められたところに、このミュージックホールが完成し、景観を一新しました!

この建物内のレストランにてランチをいただき、屋上まで上がって再開発地区を眺めた後は、カロリーを消費すべくぶら歩きしながらセーヴルに戻ります。

午後はセーヴルの美術館側の中でもヴァンセンヌとセーヴルの18世紀のコレクションを中心にアンヌ・コリヴァノフによるガイディング見学、とどっぷりセーヴル磁器の世界に浸った1日でした。


7人の陶磁絵付け師が誕生!

研修3日目。
今日の午前中はフリーです。有志のみでサン=シュルピス広場で開かれているアンティーク・フォワールへ。

このサン=シュルピスのフォワールは、場所柄もあり品物の質の高さで有名です。青空市であってもテントが設置され、ほとんどのものはショーケースに展示されており、一流のアンティーク品。お値段もそれなりですが、最近ではカード端末機を備え付けてある店も多くなりました。
11時のオープンと同時に入り、まだスタンドが開店準備をしている中、早速物色し始める参加者たち。やはり今回はテーマがテーマだけに陶磁器に目が行きやすく、「あ、ランブルカン文様」「あ、セーヴル、この時代は軟質磁器だ」と、もうみなさんかなりの目利きに。

午後は、ジアンの絵付け体験です。
陶磁器の絵付け、顔料がどうの、文様がどうの、やれこれはプリントだ、これは手描きだ、と座学でいろいろ学びましたが、実際に手描きで絵付けをしたことがある人はほとんどいません。というわけで、今日は陶磁器の絵付けというものを実際に体験してみます。

日本語が上手でジアンで研修をしていたソレンヌ・コラによるジアン工房の説明をまずは伺います。
ジアンは19世紀になってイギリス人がフランスに開いた窯で、ルーアンのような錫白釉陶器ではなく、ファイアンス・フィーヌと呼ばれる精陶器。白い土を使い、なんと少量ながらも磁器に使用されるカオリンが含まれています。多くのファイアンス・フィーヌの窯が20世紀も終わりになって次々と閉窯していく中、ジアンは今でも素晴らしいテーブルウェアや鑑賞陶器を製作し続けています。

いよいよ絵付け体験。実はこのアトリエ、自由に絵付けをするのではなく、あらかじめ輪郭が白磁にプリントされている、「塗り絵」でした。
すべての白磁に同じ輪郭が描かれているのですが、使用する色や筆によって、全く違った作品に出来上がります。

みなさん初めてながらも素晴らしい出来栄え、「モネ風」あり「ゴッホ風」あり「水墨画風」あり。

今回のアトリエは元々焼成しない前提で行っているため、顔料にはグアッシュを使用しています。
実際には顔料はブルーならコバルト、黄色ならアンチモア、などと自然の原料を使用し、かつ焼成温度によって色が変わってきますが、今回はこのまま顔料を安定させてお持ち帰り。


研修2日目、ルーアンへのエクスカーション

研修2日目、今日は日帰りルーアンへの旅です。
フランス陶磁の世界でルーアンは非常に重要な製陶地であり、陶磁博物館は外せませんが、他にもモネが連作を描いたルーアン大聖堂、ステンドグラスで有名なジャンヌ=ダルク教会、大時計台・・・ノルマンディの建築も含め、見どころたくさんの魅力溢れる街です。

案内役は昨日の講義の講師、アリーヌ・ジョスラン=コナン。今日のルーアンへの遠足のために、昨日もかなりの時間をルーアン・ファイアンスの説明に割いてくださいました。

今日は全員参加ではなく有志のみの参加としたところ、男性陣は不参加となり、結果「女子会」に。陶磁博物館は午後しか開館しないため、午前は『ブラアリーヌ』。興味深い建築の前で立ち止まっては写真を撮り、面白そうなお店があれば入り、と楽しく散策、圧巻のルーアン大聖堂を見学した後は、ルーアンの古陶磁を扱うギャラリーのプライベート見学。父親の代からルーアン古陶磁を扱う高級ギャラリーのクリスティーヌ・メタが、惜しげも無く作品を触らせてくださいました。

当協会でいつも意識して行っていること、それは「市場の価値を知る」ことです。美術的価値を学ぶと同時に、さてそれはいくらなの?という市場価値を語ることは、日本では研究者はまずしないし、純粋な工芸品に対してお金のことを語るのはよくないこと、というイメージがあります。

ところがヨーロッパの専門家は最終的に評価額を査定するわけで、査定ができて初めて鑑定士と呼ばれます。クリスティーヌ・メタも古陶磁のオークションでは鑑定を担っている専門家。染付のルーアンの大皿2枚を比較して、それぞれの値段と、その値段の違いはどこから来るのか、を非常に詳しく説明してくださいます。

ランチは、ルーアンに唯一存在する5星ホテル内ブラスリーでの美食。ルネサンス時代からある屋敷が紆余曲折を経て、今世紀初頭には某銀行となっていましたが、それが数年前より5星ホテルにリニューアル。外部は「ルネサンスの建物」、内部は「モダンスタイル」の客室やレストラン、SPAとコントラストが見事なホテル。バーの床からは地下のプールが見えるというデザインです!

食後はマルシェで売っていたハート形のチーズ、ヌシャテルをみんなで買い込んだり、ジャンヌ=ダルクの涙のチョコレートと称されるアーモンドチョコレートを買いにショコラティエへ寄ったりしつつ、ようやくメイン見学地の陶磁博物館へ。

ファイアンスの作り方から、ベルナール・パリシーの世界を経て、いよいよルーアン・ファイアンスの部屋へ。真似っこしていた中国磁器やデルフトも同時に展示されており、よく見ないと(よく見ても)どちらがどちらかわからないものも。

ゆるく予定を立てたエクスカーション、途中のショコラティエやらチーズ屋さんやらのショッピングで現行品のルーアン陶磁器のショップへは寄れずでしたが、とても楽しく充実した遠足でした。


2019年秋・公式海外研修がスタート

2019年秋・公式海外研修がスタートしました。

当協会の研修は毎回テーマが定められ、そのテーマを深めるための集中研修となり、「短期留学」の形式を帯びています。講師も解説者もすべて現地の専門家をつけており、美術館鑑賞であってもいわゆる一般の旅行ガイドの解説とは意を異にします。そのため全く基礎知識がないまま参加するとついていけないのではないか、と心配される方もいらっしゃいますが、初日の講義では基礎から通訳付きで概要を学ぶことで、どなたでも参加することは可能です。

唯一の条件は「1人で海外旅行ができること」。海外旅行を一緒にしましょう、というスタンスではないため、自身で旅行の手続きをし、集合日時に集合場所へ集まる、という形式で行っています。

その条件、通常であればフライトとホテルを旅行会社なり航空会社なりで予約して、とそれほどハードルも高くないのですが、今回はスタート日の2〜3日前にかつてない大規模な台風が日本へ上陸。案じていた通り予約していたフライトが欠航になって、変更手続きを余儀なくされた参加者も何人かいらしゃいましたが、みなさんの「意地でも参加するぞ!」の熱意が伝わったのか、全員無事に初日を迎えることができました。

今回のテーマは「テーブルを彩るフランス陶磁の世界」。
第1日目の今日は、午前中にフランス陶磁国家認定鑑定士のアリーヌ・ジョスラン=コナンによる講義、主にルーアンの陶器を中心に、グラン・フーやプティ・フーの焼成と釉薬、絵付けの違い、時代ごとの特徴、市場価格などを学びます。

午後はブラタモリならぬ『ブラアンヌ』、アンヌ・コリヴァノフによるドルーオー会館オークション見学、Carré Rive Gaucheでの陶磁専門ギャラリーやパレ・ロワイヤルに新しく出来たセーヴルのショールームなどを訪ね、初日から充実した研修となりました。


2019年春・海外研修最終日

研修5日目、最終日です。今日はシャトゥ蚤の市の散策でスタート。昨年は雪が降ったこの市ですが、今年はやや曇りがかってはいるものの、十分外歩きが楽しめる気候です。

1週間前のパリは荒れに荒れたジレ・ジョンヌの過激デモ、収束しないこの運動で今日は厳戒態勢が敷かれ、シャンゼリゼなどは軍隊が出ていて通行禁止、私たちのリムジンカーはオペラ界隈からうまく通行止め道路を迂回してパリを脱出、予定通り30分後にシャトゥ骨董市へ到着しました。

なぜここに年に2回骨董市が開かれるようになったのか?実は中世からの歴史があったのです。そんなレクチャーを簡単にした後は、自由散策。みなさんそれぞれのお買い物を楽しんだ後は、すぐ向かい側の中州へ移動します。

19世紀後半に粋な遊び場所として流行したシャトゥの中洲は印象派の画家たちがしょっちゅう遊びに来て写生をしていたことから「印象派の島」と名付けられていますが、20世紀前半には一旦クローズし、やがて廃墟化したこのレストランをシャトゥ市が買い取り改修をしてあらたに過去の様相を取り戻したのは1990年代のこと。

ランチを兼ねてのディプロマ授与と講評を、この由緒あるメゾン・フルネーズで行った後、せっかくなので併設されている美術館も見学して、無事デモも通り過ぎたパリへリムジンで戻ることができて、ラッキーでした。

最後の夜は有志の研修生のみなさんと打ち上げを楽しみ、楽しい研修が終了しました。
その後は日本へ帰国する方、少し残る方、他の地域へ旅する方、それぞれの旅が続くようです。
 

 


2019年春の海外研修・4日目

研修4日目。 お天気に恵まれ、グランドホテルのあるスタニスラス広場も朝から青空で輝いています。
 


  
今日は基本「自由日」です。2日間終日みなさんで電車やバスで一緒に動き、やや疲れが溜まっているであろう4日目は、ドーム・ブティックの見学とお昼のエクセルシオールでのランチ以外は敢えて自由に過ごしてください、というスタンスにしました。ナンシーはそれなりの規模の街ですから、十分に個人で楽しむことができます。
  
朝10時からオープンのナンシー市立美術館でドームコレクションを見たり、ショッピングに出かけたり、お散歩をしたり、自由に過ごした後はすぐお隣のドーム・ブティックにてプライベート見学&ミニレクチャー。ドーム誕生の歴史から現在のパート・ド・クリスタルが生まれるまでのドームの変遷を聞いた後、国家遺産にも指定されているアール・ヌーヴォー内装で有名なエクセルシオールにてランチ。
 

 
その後はナンシー派美術館見学組、ドーム工場に設置されているアウトレットでのショッピング組、街中をゆっくり散策組に分かれて、それぞれのナンシーの午後を楽しみました。


 
コーデイネーターのダニエルよりナンシー名物ベルガモットのキャンディをお土産にいただいてナンシー駅で別れた後、TGVにてパリへ。1時間40分であっという間にパリ東駅に到着しました。
 
ここでお一人最終日を待たずに帰国される研修生と別れを告げて、それぞれパリのホテルへと向かいました。
 
 


2019年春の海外研修・3日目

研修3日目。今日は欲張り日です。いいホテルに滞在したときは、できるだけチェックアウトギリギリまで優雅な気分を味わっていたいもの。せっかくのシャトーホテルですが、その後のスケジュールのために朝9時半には出発、まずはサン=ルイ=レ=ビッチュにあるクリスタル美術館 La Grande Place を見学します。


 
ビッチュという地名が先にあり、16世紀から存在していたこのガラス工房がルイ15世より聖王ルイ9世にちなんだSaint-Louisの名前をいただいたことで、サン=ルイ王立ガラス製造所となったのが18世紀後半のこと。革命後は株式会社になり、現在ではエルメスの傘下に入っているものの、ずっと現在まで続いているこのサン=ルイこそが、バカラに先駆けてフランスで初めてクリスタルの開発に成功した老舗メゾン。
 
美術館は非常にオリジナルなセノグラフィー、表参道ヒルズのように回廊を上がってテーマ毎の作品を見ていきます。もともとの工房をそのまま美術館にしているので、ちょっと寒いです。最初にガラスとクリスタルの違いを重さ、音、屈折率などで実験させるコーナーがあり、サン=ルイがフランス初のクリスタル製造所だという事実が誇りだとわかります。


 
隣接されている製造所は普段は実際に見学が可能なのですが、今回は残念なことに4月中旬まで工事のためクローズ、それでも「ここから先進入禁止」の場所から覗き込むと、職人さんたちがガラス種を吹いている様子が竿とともに遠くから見えたりして、覗き見成功!
 
ブティックでは直販売のためか、一般よりは安い価格でのサン=ルイのガラス、ミュージアムグッズが販売されており、ここでお買い物をしたのち、途中の街サルブールでランチ。
 
ちょっとしたハプニングがあり、このレストランの住所がバスのGPSにもコーディネーターの車のGPSにも反映されません。それほど大きくもないサルブールの街に入っても全く探せずレストランに電話をして現在地を言うと、Ibisのホテルの近くだ、と。15分ほど迷った挙句にたどり着くと、そこはIbisホテルそのもの!なぜIbisのホテルの名前を出さないかというと、そこはやはりイメージの問題で(Ibisは昔からフランス全土にあるいわゆる安ホテルチェーン、しかし最近では変わってきていて、赤Ibis、緑Ibisなど格付けもされており、さらにIbis Styleというシックなところも出てきてはいる)、それなりのガストロノミックなレストランとしては、やはり出したくないよう。
 
後からシェフが挨拶に来て、自分の同僚は今東京ステーションホテル内のレストランのシェフをやっているのだ、と日本に好意を持ってくれたのか、ディジェスティフ(食後酒)をあれこれサービスで出してくれました。
 
たっぷりフルコースを味わった後は、バカラ村へ。現地のバカラ美術館を見学するのに、コーディネーターは当初とても躊躇していましたが(パリのバカラ美術館の華麗さに比べてあまりの質素さにがっかりするのではないか、と)、不安は杞憂に。というのもここも数年前にリニューアルされて、とても明るく綺麗な展示に様変わりしただけでなく、なかなか見られないバカラ製品の家具も展示されていたのです。


 
またバカラ村の教会は、バカラのクリスタル・ステンドグラスで装飾されており、クリスタルのステンドグラスというのは世界中でここにしかないのです。ちょっと急ぎ足でしたが教会、ブティックと駆け回り、ナンシーのGrand Hôtel de la Reineへ到着しました。


 


2019年春の海外研修・2日目

研修2日目、今日から2泊3日のアルザス&ロレーヌへの旅がスタートしました。
 
パリからTGVでストラスブールヘ行き、乗り換えてローカル電車でウィンゲン=シュール=モデールへ。滞在するシャトーホテルから迎えの車でシャトー・オッホベルグに半日かけて辿り着きました。


 

 

 
1室1室違うシックなシャトーホテルは2015年にオープンしたばかりで、ラリックの匂いぷんぷんの内装に、ガストロノミックなレストランが売りの4星シャトー。ここでランチを頂きながらホテルの方に伺ったところ、シャトーは長い間子供達のコロニーバカンスに使われるくらいで放置されていたのを、ラリック美術館の開館(2011年)以降、活性化しようとシャトーホテルに様変わりしたようです。そしてさらに近くにVilla Laliqueというスイートルームが数室あるだけの超高級5星ホテルがあり、ここは近くにあった3星レストランのシェフが、レストランを閉めてあらたにガストロノミーの食事を提供するスイートルーム専用ヴィラとしてオープンしたということでした。
 
コーディネーターの車で見学に行こうとしたら、門が閉まっており「火水休業」。値段表を見ると、1泊1000ユーロなんて部屋まで!
 
軽くランチを取った後は、目の前のラリック美術館を見学、オープンしたばかりのこの場所は、ラリックがガラス工房をパリ郊外から移したまさにその場所なのです。テーマ別に展示されている数々の作品、ラリックのジュエリー時代からラリック死後のラリック・フランス社に至るまでの100年の歴史が一堂に会しています。


 
ガラス製造の過程がモールドと共に展示され、またその製造工程のビデオも興味深く、最後のブティックにたどり着いたのが閉館10分前、そろそろレジを閉めるそぶりを見せられたのを無視して、リングを購入してしまうアンヌ。
 
夜はまたシャトーホテルでフルコースをたっぷり食べて飲んで、夜が更けていきます。
 
 


2019年春の海外研修・1日目

2019年春の海外研修がスタートしました!
 
今回のテーマは「フランスの華麗なるクリタルの世界」
参加者のみなさんは、アンティークスペシャリストから海外研修のリピーターまで、みなさんそれなりに装飾美術の世界を日頃研究されていらっしゃる方ばかりで、参加の熱意がプンプン漂ってきます。
 

  

 
午前は17世紀から20世紀までのガラスの歴史についての講義、完璧な通訳をされる小栁由紀子先生のおけがで、ヴェネチアのガラス、ボヘミアのガラス、そしてイギリスのクリスタルガラスの発明を経てフランスのガラスが隆盛を誇る19世紀、とガラスの理解が深まりました。
 
集中講義の後はメゾン・バカラへ移動し、お昼はレストラン『クリスタル・ルーム』内のプライベートルームにてランチ・レクチャー。すでに午前の講義で出てきた『アルクール』シリーズのグラスがセッティングされています。プライベートルームに飾られている石膏の型は、まさにバカラの歴代のグラスをはじめとするガラスウェアのフォルムでした。
 

 
たっぷり食事をいただいた後は、そのままバカラ美術館を見学。バカラの歴代の有名人注文主(ジョゼフィン・ベーカー、ダリ、コクトーetc)のそれぞれのグラスウェアから始まり、万博出品作品から現代アーティストとのコラボレーション、ジュエリーにいたるまでそれほど広くはない空間ですが雰囲気と共にゆったり見学をします。
 

 
バカラ美術館もブティックも、来るたびに展示品が入れ替わっており、毎回新しい発見がありますね。