海外研修」カテゴリーアーカイブ

2020年春・公式海外研修は延期に

本来なら本日スタートの2020年春の公式海外研修、現況下で実施することは当然できず、秋に延期となりました。
 

 
コロナウイルスが日本で騒がれ始めたのは1月、それは中国・武漢で発生した地域伝染病と言われており、中国のお正月である春節に多くの中国人観光客が日本に来るから日本も対策をしないと危ない、とすでに防疫体制は敷かれていたものの、この時点では世界が現在のような状態になっていくとは誰が想像できたでしょう。日本では春節の観光客目当てに商売をしていた人たちが経済危機を訴える声の方が、健康の心配をする声よりも大きかった気もします。
 
当研修は現地集散型で行うため、旅行会社の役割は担っていません。しかしほとんどの参加者は飛行機に乗って海外へ行って参加するわけですから、その部分も含めて現地側のフランス人スタッフ、日本人スタッフ、関係者らとは常時協議を重ねてきました。東洋人の差別はどういう状況なのか、中国人観光客の減少によってどんな変化が起きているか、ヨーロッパにおける検疫や医療の状況はどうなのか…。
 
ニュースというのはニュースになるほど大げさなことだけがクローズアップされますので、例えば東洋人の差別はそこかしこで行われているのか、それとも心無い一例だけが事件となってニュースとなっているのか…せっかく大枚をはたいて海外に行って学びに行くのですから、嫌な思い、不快な思いをするとわかっていて出かけたくはないものです。
 
日本でのニュースは情報が操作されたり偏りがちだと言われていますから、フランス語、英語でのニュースも毎日追っていました。この時期は実に多くの情報収集に精を出し、現地に住んでいる人よりも詳しくなっていた気もします。
 
研修参加の締め切りはスタート1ヶ月ちょっと前の2月15日。直前での申し込みもあったりでこの時点では参加者もみなさん行く気まんまん、ただ普段より健康に注意してちょっと気を引き締めておかなくては、程度だったと思います。またヒアリングしている限りでは現地情勢もそう混乱はなく、むしろお得意のデモやストが期間中に起きはしないかという方が心配でした。黄色いベストの運動も相変わらず続行していましたし、12月からのストの余波も多少残っていましたから。
 
ちょっと風向きが変わったな、と感じ始めたのは2月後半、ダイヤモンド・プリンセス号が横浜港に停泊していたこともありますが、日本の感染者が100人を越し、ヨーロッパでも感染者が次々と確認され始めました。そして2月末にはイタリア北部が大変なことになっていきます。
 
やがて2月末には日本で学校が一斉休校になり、大規模イベント、文化活動の自粛要請がされていきます。
 
この時点でもまだ研修地フランスは「安全圏」とされており、外務省の渡航に関する規制は何も出ていません。渡航制限も入国制限もされてはいないものの、我々日本人が快く受け入れてもらえないのでは、という心配の方が先立ちましたが、受け入れの講師陣らからは、楽しみに待っているから、と。パリでは一大イベントであるパリ・ファッション・ウィークも予定通り開催されています。
 
参加者のみなさんへのアンケートでも「せっかく予定、準備しているし、行けるのであれば行きたい」派が「場合によっては中止もやむを得ない」派よりも多勢でした。すでに予約済みの航空会社やホテルなども「中国からの渡航者なら払い戻し可能」という感じで、日本人が特に渡航を制限されているケースはありません。
 
訪問地の最終調整をし、すべての手配を整えた3月上旬、ヨーロッパが大きく戦況が変化していきます。ルーヴル美術館のスタッフが、「自分たち労働者の安全が守れない限りは開けない」とストをし3日間クローズ、やがて5000人以上の集まり禁止が1000人に、そして100人に…。私たちの研修は講師やスタッフを入れても10名未満、団体というよりは小グループですが、ちょっとこれは先行きが危なくなるかも、と楽観視してはいられなくなりました。
 
実施場所が海外だけに少なくとも開始日の2週間前には決定をする必要があり、連日現地スタッフらと多視点から協議、検証していましたが、最終的には決定日の前日になってようやく、今回は大事をとって時期を延期にしよう、という結論に至りました。
 
まだこの2週間前の時点では決行するという可能性もあったのですが、以降日に日に急速に事態が悪化していき現況に至っていますので、この時の判断に関しては本当にギリギリセーフという感があります。
 
3月24日、予定では朝10時からウェルカム・コーヒーを楽しんだ後、「建築と室内装飾様式に関する概論」「19世紀のブルジョワ宅にみる室内装飾とオブジェ」の講習が行われるはずだった地のパリでは外出禁止令が出ており、一斉休校は最悪新年度が始まる9月まで続くかもしれないというニュースも。地域によっては夜間完全外出禁止となっているところもあり、戒厳令が敷かれています。
 
世界中でこの感染が一刻も早く終息し、そして本研修が無事実施できる日を願って。

P.S. 手を洗いましょう!!


最終日はシャンティイにて

いよいよ研修最終日。今日はシャンティイへの日帰り旅行です。
折しも10月18〜20日の間はシャンティイ内で「植木市」が開催とあって、朝からものすごい人で賑わっていました。
ミニコンサートなども随時行われています。

シャンティイには何があるのか?お城があります。そのお城はいつ誰によって建てられたのか・・・よく見ると建築様式が異なる部分で成り立っています。
城内のコンデ美術館、まずはそんな解説から入り、レセプション会場での正餐に使用していたテーブルウェアなども見ながら・・・

メイン目的であるシャンティイ窯の部屋へ。
フランス陶磁の美は18世紀の軟質磁器にあり、と言う人が多いのも宜なるかな、昨日のセーヴルの軟質磁器も然り、今日はそのセーヴルよりも早く軟質磁器の窯を開いたシャンティイ窯。

柿右衛門を愛したコンデ公が庇護したシャンティイ窯の軟質磁器についての解説を聴きながら、作品を堪能した後は、城内レストランにてランチ、総評、ディプロマ授与式です。全員にディプロマが授与されました。

午後は厩舎や馬具美術館を訪れたり(シャンティイには有名は競馬場があります)、広大なル・ノートル設計の庭を散策したり、シャンティイ城の居室部分を見学したりしながらシャンティイ領地を堪能し、夕刻の電車でパリに戻りました。

ご参加いただいた研修生のみなさま、5日間お疲れ様でした!


典雅のセーヴル!

研修4日目。今日はいよいよフランスが世界に誇るセーヴル焼きのセーヴル訪問です。
セーヴルはパリの郊外、メトロで行くことも出来ますが、ミニバスを配車し、ちょっと優雅に参りました。

午前はセーヴル製陶所の工房をガイディング見学、もちろんプライベートで訪れることはできません。成形技法、焼成の技法、装飾技法、研磨技法などを実際に製陶所に潜入して、見学します。今回のガイドは、なんと日本で巡回した「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」展を企画したセーヴル陶磁都市解説員モアンヌ前田恵美子氏。シュヴァリエを叙勲されている文化人にして専門家、これ以上のガイドはありません。期待を裏切らず、非常に丁寧で詳細な解説をしていただきました。

かつての王立磁器工房は、現在ではフランス国営の製陶所。200人ほどのスタッフはゆえに全員国家公務員、今でも18世紀の製法を忠実に再現し、作り続けられています。おそらく恐ろしいコストのかかる製法、民間ならとっくに「効率や生産性」を問われて、廃窯となっていたかもしれません。国営だからこそできる、フランスの誇るべき芸術です。

といっても無尽蔵に贅沢をしているわけでもなく、たとえば金彩を施したものは、壊れても金だけは回収し、次の作品へ使われます。工房には「金専用のゴミ箱」まで設置されており、金粉1粒でも持ち帰ることは出来ません。

頭の中がパンクした後は、すぐ近くに出来た坂茂設計のミュージックホール、ラ・セーヌ・ミュジカルへ。元々ルノーの工場跡地がしばらく放置されており、ようやく再開発が始められたところに、このミュージックホールが完成し、景観を一新しました!

この建物内のレストランにてランチをいただき、屋上まで上がって再開発地区を眺めた後は、カロリーを消費すべくぶら歩きしながらセーヴルに戻ります。

午後はセーヴルの美術館側の中でもヴァンセンヌとセーヴルの18世紀のコレクションを中心にアンヌ・コリヴァノフによるガイディング見学、とどっぷりセーヴル磁器の世界に浸った1日でした。