未分類」カテゴリーアーカイブ

オンライン海外講習 鬼才のジュエラー・ジャン・ヴァンドームの世界

1ヶ月ぶりのパリと繋いでのオンライン海外講習、今回はジャン・ヴァンドームの世界について行いました。ジャン・ヴァンドーム・・・誰それ?というのは普通のリアクション、フランス人でも知らない人は多く、昨年展覧会が行われるまでは宝飾業界の人や現代アートに詳しい人以外にはそれほど知られているわけではなかったのです。

Jean Vendome

ハイジュエリーメーカーとして知られるヴァン・クリーフ&アーペルは、ジュエラーのための学校を経営しています。そのエコール・ヴァン・クリーフ&アーペル(パリ)にて2021年、ジャン・ヴァンドームの展覧会が開催され、フランスでは大変な話題となりました。

展覧会の様子はこちらからも見ることができます。

この展覧会を現地で鑑賞したアンヌ・コリヴァノフより、ジャン・ヴァンドームの生い立ち、その名前の由来、職人ではなくアーティストとしてのジュエラーの哲学、シュール・レアリストたちとの関わりやその影響など、独特な世界観について教えていただきました。

ジャン・ヴァンドームの使用する素材は、決して貴石ばかりではなく、また研磨やカットのされていないsauvage(そのまんま)の状態で宝石に加工し、さらには恐竜の化石の骨やアンモナイト、蟹のハサミなども使用しています。奇抜すぎて宝石への冒涜だ!と感じた人もいたのでしょうが、いつの時代も新しいアートは既存の概念を壊して作られるもの・・・ただジャン・ヴァンドームは石と金属をとことん熟知しており、その石の最良の部分を引き立つようにデザインしているのに過ぎないのです。

この鬼才のジュエラー、ジャン・ヴァンドームの作品は昨年の展覧会により知名度も増して、今や世界各国の美術館が所蔵に躍起になっているとのこと。パリ装飾美術館ではその何点かを鑑賞することができます。

オークションでも近年値が上がっているようです。没後間もないため、まだそれほど市場に出回っていないこともありますが、すべてが1点もので、「アーティスト」的に知名度が出てきた作家の作品、今後はどのような評価を辿っていくのでしょうか。「ジャン・ヴァンドーム風」のアクセサリーはもう既にパリのショーウィンドーに並んでいそうですね。

6月のオンライン海外講習は、6月13日(月)、次回は「ルーヴル美術館のイヴ・サン・ローラン」です。


ニュースレターを登録されている方々へ

本協会では、毎月1回月初にニュースレターを配信しておりました。ところが従来の送信方法ですと、一部のキャリアメール(携帯メール)の受信者へメールが送れない、送信元である本協会のアドレスがニュースレター配信で一度に大量のメールを送信することでスパムと判断され、以降迷惑メールに振り分けられる、などなど様々な障害を引き起こすケースが多発しており、現在新しい送信システムを検討・構築しております。

従いまして、9月のニュースレターの配信が遅れますことをご了承くださいませ。

9月のニュースレターにつきましては、配信までの間、こちらでご紹介させていただきます。

9月のニュースレターをお届けいたします。

* 2019年10-12月期 アンティーク講座

10-12月期のアンティーク講座のプログラムをupしております。
お申し込みは各スクールにて受け付けております。
尚、アンスティチュ・フランセ東京につきましては定員、締め切りがございますのでご注意ください。

< アンスティチュ・フランセ東京 >

10月24日(木)
17世紀~20世紀におけるフランスのモード史 ~バロックモードからパコ・ラバンヌまで~

10月31日(木)
フランスのレース、ブティの世界 ~シャンティイ・レースや南仏ブティの愉しみ方~

11月14日(木)
フランスのアンティーク・ジュエリーの歴史 ~宮廷の「宝石」からコスチュームジュエリーまで~

11月28日(木)
フランスにおける香りの歴史とアンティーク香水瓶、嗅ぎタバコ入れ、ヴィネグレット

12月12日(木)
パリ万博から眺める、装飾美術工芸の世界

< よみうりカルチャー恵比寿センター >

10月4日(金)
ヨーロッパの茶文化とサロン

11月1日(金)
美しい名作椅子たち

12月6日(金)
ヨーロッパの宮殿と装飾 Part2

< 目黒学園カルチャースクール >

10月7日(月)
ヨーロッパの茶文化とサロン

11月18日(月)
美しい名作椅子たち

12月2日(月)
ヨーロッパの宮殿と装飾 Part2 

2019年10-12月期 アンティーク講座

* AEAOサロン倶楽部

ワンショットで集い、学び、楽しめるサロン形式の講座です。
毎月1日に翌月のサロンの申し込みをスタートしています。

9月:
9/16(月・祝)「コンドルが建てたお屋敷へ行こう!」*残席1

10月:
10/27(日)「チェコの可愛いデザインを求めて ~ミュシャ、チェコ・キュビスムからチェコ・アニメまで~」

以降は今後のサロンの開催予定です。詳細が決まり次第HPにてupいたします。お申し込みは前月の1日より行います。

11月(日程未定):
「さようなら原美術館 ~1930年代の洋風邸宅~」

12月(日程未定):
「『リヒテンシュタイン公爵家の至宝展』を知り尽くす!」

12月20日(金)or 21日(土)
「オークションへ行ってみよう!」(*内覧会またはオークション)

1月(日程未定):
「サラ・ベルナール最後の巡回地、松濤にてベル・エポックを偲ぶ」

AEAOサロン倶楽部

* 第5回アンティーク検定講習

講習を受講することにより3級および2級を取得できる、第5回アンティーク検定講習は2020年1月~2月に開催予定です。会場の確保ができ次第、ご案内いたします。

~~~~~~~~~~~~~~


竹久夢二学会大会

本検定監修者の岡部昌幸先生は、各学会でも活躍されていらっしゃいますが、今回は中でも深く関わられている竹久夢二学会の大会につき、ご紹介いたします。

どなたでもご参加可能ですので、お時間ご都合のつく方は、どうぞおいで下さい。

日  時 : 2019年3月30日(土)
会  場 : 拓殖大学文京キャンパス国際教育会館(F館)3階 301教室 ※正門右奥古い校舎
(東京都文京区大塚1-7-1 地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅下車徒歩5分)

***************************************************************

14:00-14:10 挨拶  竹久夢二学会顧問  小嶋光信(夢二郷土美術館館長)
14:10-15:40 学会賞受賞記念講演
        下山 進 (吉備国際大学名誉教授、デンマテリアル株式会社・色材科学研究所非破壊分析研究室取締役技術顧問)
        「夢二《西海岸の裸婦》の科学調査」
        大原 秀行(吉備国際大学副学長、絵画修復家)
        「夢二「西海岸の裸婦」の修復について」               」
15:50-16:20   研究・活動報告
        小嶋ひろみ(夢二郷土美術館館長代理)
        「夢二《西海岸の裸婦》修復による美術史的成果から生誕135年展に向けて」
16:20-17:00   研究発表
        畑江麻里(足立区立郷土博物館専門員)
        「竹久夢二の「美人画」の線 ― 現代浮世絵彫師の作品の分析から ― 」
17:10-19:00 懇親会(303教室) ※参加費無料

竹久夢二学会事務局 〒703-8256 岡山県岡山市中区浜2丁目1-32
夢二郷土美術館気付 電話(086)271-1000 fax(086)271-1730