月別アーカイブ: 2017年10月

2017年秋 パリ&ヴェルサイユ海外研修 第2日目

 今日は比較的ゆっくりのスタートです。よく海外旅行のツアーに参加されると、朝6時半朝食、8時出発といった強行スケジュールが多いのですが(効率よく沢山の見学地が詰め込まれていて、それはそれで有意義だと思いますが)、私たちの研修は、あくまでも中身のみをプログラミングしており、自由時間はそれぞれ好きなことをして滞在できます。朝ジョギングをしてもよし(さすがにいなかったですが)、買い物をしてもよし(フランスではスーパーは日本より早く、9時にはオープンします)、朝寝坊をしてもよし(主催者の特権!?)・・・。
 

 午前は11時にオープンの銀食器ギャラリーにて、実施でのレクチャーを行いました。パリでも有名な銀食器専門店Isabelle Turquinの店内にて、18世紀の銀食器の中でも、レアなものをいくつか見せてもらいます。まず、ここが銀食器専門店だと外から見てもわかりません。それもそのはず、このギャラリーは元ファーマシーだったところをギャラリーにしているのですが、看板や内装の一部はファーマシー時代のものをそのまま継承しているのです。
 
 

 これは、何に使うものかわかりますか?の恒例のクイズ、なかなか食器だけ見ても想像がつきません。そう、フランスの食卓史、テーブルアート史を学んでいないとわからないものがたくさんあります。例えば、これはナツメグを潰すものですよ、と言われ、はてナツメグはどんな料理にどのようにいつから使われていたのか?そう、総合的な知識がないと、なかなかわからないものが多いのですが、そんなお話もすべて解説してもらいます。
 

 

 
 19世紀の半ば以降、クリストフル社により爆発的にシルバープレートの銀食器が量産された中で、18世紀のスターリングシルバーの品々は貴重です。その中でも、状態のよい、名工の工芸品を多く有しているのが、このギャラリー。お値段も・・・ちょっと、さすがにというものでもありますが。
 

 銀食器カトラリーに関して言えば、やはり揃っていてこそ価値のあるもの。最低でも6組、普通は12組などで販売されていますが、さすがにそんなに買えないし、要らないし・・・と思っていたら、「これはバラでしかないから、お安いのだけどね」と言って、バラの箱を見せてくれました。研修生のみなさん、むしろそれなら!といくつかお買い上げ。研修生価格(?)で、少し割り引いてもらえました。
 

 陶磁器、銀器、とくれば、次はガラスですね、というわけで午後はバカラ美術館へ。
 

 パリ16区と言えば、結構知られた富裕層地域ですが、その16区の中にも細かい序列があり、バカラ美術館のあるPlace des Etas-Unisといえば、最高級地区です。
 

 この瀟洒な邸宅は、20世紀の社交界の女王と言われた、故ド・ノアイユ子爵夫人の暮らした建物で、フランスの名門貴族の館、というわけです。子爵夫人亡き後は別の富豪の手に渡って、バカラ社はこの建物をいわば借りていることになるのですが、現在の持ち主は、すぐ隣に住んでいて、毎日窓からこの建物を眺めているのだとか。
 

 ここはバカラ本社であり、バカラのショップであり、レストラン「クリスタル・ルーム」を運営しており、そして美術館でもある総合施設です。最近所蔵したニューコレクションが展示されているというので、ワクワクしながら訪ねました。
 

 美術館ゾーンは残念ながら写真撮影は禁止ですが、美術館へと登る階段には、800kgの重さのシャンデリアが。19世紀中頃に作られたもので、当時はもちろんキャンドルで照らされていたのです。
 

 

 

 

 そして美術館の中は・・・・ここからは、ぜひパリに行かれる方は、館を訪れてみてください!
 

 3日目に続きます。
 


2017年秋 パリ&ヴェルサイユ海外研修 第1日目

 「海外研修はいつ行うか決まっているんですか?」という質問をよく受けます。毎年この時期に行う、と決まっているわけではありません。過去に9月、6月、3月と行ってきて、今回は10月に。いろいろな季節で、その時々に行われるアンティーク・フェアやオークションに参加しながら、アンティークの世界を学べるプログラムを組んでいます。(次回は2018年3月を予定しています。これは、PADというフェアに合わせての研修です。)
 

 あくまでも旅行ではなく研修(=現地での専門家が指導を担当)ですので、オークションハウスも休みに入り、専門家もアンティークショップも蚤の市もお休みだらけの夏休み(8月)にはできないのが残念、8月にパリに行くと観光客しかいなかった、と言われる通り、ヨーロッパ最大の蚤の市サントゥワン(日本通称名:クリニャンクールの蚤の市)でも、半数以上の業者さんが3週間のお休みを取るお国柄ですから・・・。
 

 さて、今回のパリ&ヴェルサイユ海外研修の様子をレポートしていきたいと思います。
 今回のテーマは「art de la table(テーブル・アート)」に絞ってみました。
 

 第1日目は、ギャラリーSebastien Meunierを会場にウェルカム・コーヒーの後、フランスの陶磁器に関する講義。講師はテーブル・アートの専門家でおなじみの、Anne Kolivanoffの奥深い講義に、プロの日本語通訳が付きます。
 

 

 

 通訳が入ると、1時間の講義は実質30分くらいになってしまうところ、早口Anneのトークに、事前にしっかり準備をしてくださったプロ通訳のおかげで、1時間半の講義もたっぷり1時間半分の内容となりました。ファイアンスから入り、軟質磁器、硬質磁器に至るまでの歴史と特徴、マーケットでのプライスまでもをしっかり頭に入れます。
 

 午後はパリっ子たちも気軽に訪れるオークション・ハウス「ドルーオー」の見学。この日はオークションは行われておらず下見会のみでしたが、オークション・ハウスの成り立ち、利用方法、そして下見会場を通してテーブル・アートの出品作品について、みなさんであれこれウンチクを語りながらのひととき。
 

 ーえ、触っていいんですか?え、開けてもいいんですか?(自分が落札するかもしれない商品なのですから、思う存分状態を確かめて、実見をしなくては!)
 

 ーあのテーブル・ウェア一式の予想落札価格、いくらだろう、え、こんなに安いんですか?70ピースもある!ああ、でも全部持って帰らなくちゃいけないんですよね・・・、うーん、どうしよう・・・(落札したが最後、はいどーぞ、と箱ごと渡されるオークションシステム、日本へ持ち帰りの場合は本当によーく考えないと。)
 

 ーこの黒い石、なんですか?あまり見ないですよね。(カタログを調べて)なんと隕石!?そんなものまで出品されてるんですか!
 

 

 
 

 ドルーオーを出た後は、すぐ近くにギャラリーを構えているTourbillon氏が私たちを迎えてくれ、ガレやドームのガラス作品を紹介しながら、ガラスの技法に関してのレクチャーをしてくださいました。ウン千万円級の作品は、ウィンドーや店内ではなく、金庫の中に入っていて、普段はお得意様にしか見せないものですが、惜しげもなく見せてくれて、「触ってみなさい、触らないとわからないでしょう」と。Tourbillon氏のお店は、ドルーオー通りと、蚤の市サントゥワンのマルシェ・ビロン(サントゥワンの中でも最も高級店が連なるマルシェ)にあります。
 

 そして、ドルーオー界隈と、パッサージュを散策。築地市場の周りに美味しい食堂があるように、オークションハウスの周りにはたくさんのギャラリー、アンティークショップ、鑑定事務所、オークション会社が軒を連ねています。この界隈をQAD(Quartier Art Drouot)と言うのですが、QADは言ってみれば「場外」?
 

 初日はこんなところで、終了となりました。
 

 パリはまだ夏時間なので、日の入りも遅く、19時過ぎまで明るい上に、例外的なインディアン・サマー、半袖の人もいて、テラスでみなさんガッツリとビールを飲んでいます!日本の天気をスマホでみては、「あら、雨続きのようね、しかも寒そうね、うっしっし」と参加者一同ほくそ笑むのでした。
 

 第2日目に続きます。
 
 


ウィンザーチェア、シンプルな機能美に満ちた、この愛らしい椅子

 AEAOサロン倶楽部10月の会は、秋晴れで日差しの眩しいお天気の中、開催されました。
 

 今回は日本民藝館で開催中のウィンザーチェア展の見学を含め、ウィンザーチェアについて学びましょう、というテーマ。通常まずは見学前の勉強会を行うのですが、ミュージアムカフェを含め、適当なカフェが近場にありません。パンがなければケーキを・・・ではないですが、カフェがなければレストランで、というわけで、東大キャンパス内にある、フレンチレストランでランチをいただきながらの勉強会という、ちょっとゴージャスなサロンになりました。
 

 守衛さんの厳しいチェックのある大学もありますが、われらが(!?)東京大学駒場キャンパスは、公開試験会場などにもなっているせいか、フリー。もっともこの広大な敷地内に、学食ではなく一般のレストランがあるのですから、まあ当然ですね。
 

 11時の開店と同時にレストランへ入り、ランチをいただきながらのミニ・レクチャー。ウィンザーチェアの由来は?いつからある、どんな椅子?イギリスとアメリカでウィンザーチェアは違うの?なぜ日本でこんなに有名なの?ウィンザーチェアの影響を受けた家具デザイナーって?といったことを学びます。
 

 ランチお勉強会の後は、東大キャンパス内をお散歩しながら、日本民藝館へ。この辺りは高級住宅街でもあるので、みんなで「あの家、素敵〜!」「停まっている車、何気にすべて外車ですねえ」なんて街を散策しながら、到着。趣のある、立派な建物が青空に映えています。民藝運動の中心人物であった柳宗悦が初代館長を務めた、歴史ある博物館です。
 

 

 靴を脱いでスリッパに履き替え、目指す大展示室「ウィンザーチェア ー日本人が愛した英国の椅子」にて、現物のウィンザーチェアを鑑賞、これだけのさまざまな種類のウィンザーチェアが一堂に会すと、圧巻です。コムバック・チェア、ボウバック・チェア、ロウバック・チェア・・・。
 

 イギリスの古陶スリップウェアなどの展示も愉しみ、西洋アンティークの世界は、決して王朝文化だけからのものではない、ということを再認識できた、よい展覧会でした。
 

 

 日本民藝館でのウィンザーチェア展は、11月23日まで開催されています。